柔らかな頬

桐野 夏生/講談社

undefined


世界に慰藉などない。
…と頭では分かっていても、カラダが、ココロが…求めてしまう…
だから、せめてフィクションの世界ぐらいは…と、ひとはあくせくする
おもしろかった 胸糞悪かった とんでもない ありきたり…
そこで、しょうしょう救われたところで…この世に一滴の慰藉もないことは揺るがない
むしろフィクションの慰藉によって、その空白が読者を押しつぶしてしまう
この作品の登場人物たちも、その存在しない出口を世界に求めていく
いい学校に入ったら いい会社に入ったら 結婚したら 子どもができたら…
すでに騙しようがないほど 空白に圧し潰されている

救いがないことが 唯一の救い…
まるでキリストの死のように…

物語は不倫現場から緩い助走をしだすと
幼女失踪事件は藪の中…
世界が 運命が 時間が ぼくらを翻弄し 漂流する
浮標(ブイ)に近づけば 近づくほど 悪夢のような それでいて救いのような暗示がぽかんと浮かんでは消えていく
和解などない
救いようのない日本海留萌の潮風に
赤みを帯びた柔らかな頬は…
微かに笑ったような…
うぶ毛が西陽で黄金色に光った…
[PR]

ダークゾーン

貴志 祐介/祥伝社

undefined


小説はゲームだ。
読者はゲーマー。
だから、小説家はゲーマー(読者)を、その作品(環境)の中に催眠をかけるようにいざない
そこで縦横無尽に遊ばせてくれる…
まさに読書は水槽の中の脳(パトナム) 脳の自己完結性
時を遡り、あるいは進めて、どんなものにもなれる…どんなところへも行ける…
たしかにディスプレイもコントローラーもキーボード&マウスも(ハードウェアは)ないが、脳内で行われていることはきっと一緒!? なはずである(笑)。
なので、どれだけプレイアブルな環境なのかが 面白いか 面白くないか を決める
この作品はそう割り切って、内容はほぼゲームバトル という大胆な手法で描かれている…
ミステリー要素は、物語のほんのツマ程度だと思った方がいい(もちろん、ポイントとなる切断線ではあるんだけど)
貴志ファンのなかでも好き嫌いが多少分かれるだろう。

登場人物は、いまをときめく青年棋士(もっとも主人公は三段リーグの伸び悩むプロ予備軍だけど)をとりまくひとたち中心の構成…
切り口は不条理もののように目を覚ますとチームバトル
舞台はあの軍艦島で クローズド・サークル 7番勝負がはじまる
主人公が棋士だから、将棋の擬制ゲームのような気がするが……
civilization のような League of Legends のような はたまたダークソウルのような
ものとも似てなくはない

読んでることすら忘れてしまうような文体、
つまり、自分が語っていると錯覚するような文体が、
読者をダークゾーンに降臨させる
「なにがなんだかわからないけど、とにかく敵を殺(ヤ)るしかない」

それにしても7番勝負(引き分け8番勝負)は長すぎた
三番勝負で昇格までが限界だった気がする
なので多視点で物語にも戦闘にも厚みを持たせればよかったのではないか…
とも思ったが、著者が書きたかったものがこのスタイルなのであろう…

「他人とは地獄のことだ」(サルトル「出口なし」)
僕らは他人に囲まれている
母、父、兄弟、友達、上司、同僚、お客さん、ライバル、恋人…
それはつまり「人生とは地獄のことだ」
その地獄で、たえず誰かが
「戦え。戦い続けろ。」(489頁)
と囁く…
しかも、人生は一回こっきりの一番勝負 負け惜しみも弁解もきかない やり直し無し
失敗してしまえば、
人生こそがダークゾーン 紅蓮の煉獄に反転する
必敗の屈辱が永劫回帰する
 それが人生なのだ…
 そこに意味はあるのか…?
 救いはあるのか?

今夜もダークゾーンで…救いを求める…
なつかしい人の声がする…
さぁ…行ってみよう…
[PR]

プリンセス・トヨトミ (文春文庫)

万城目 学/文藝春秋

undefined


歴史、異世界ファンタジー、ミステリー、アドヴェンチャー、コメディー、郷土愛
いろんなものをぶっ込んでくるけど、
基本はコメディー だと思う。けど…
マキメワールドというと
「どこか、新しい世界の扉がパタンと音を立てて開いたような」(522頁)
いつも見なれた日常の風景のなかにこそ異世界の扉が…みたいな…ファンタジーADV
「どうせ真っ赤なウソなら、ウソのマコトを書こう」みたいな…
シリアスじゃないから…まじめなひとには向かないと思う…たぶん(笑)

しかし、この本、キャラベースのドラマとして読んでいくと、ものすごくつまらない。
軽い調子の文体。なにを描くでもない、のらりくらりの展開…
「カタっ」と音がした瞬間に走り出すマインカートコースターのような目も眩むようなスピード感もない後半。
五百数十ページ…無駄に長い(笑)
なあんじゃぁこらぁ…
でも、読み続けられたのは、そこが「大坂」だったからかなぁ
つまり、描き出されてるのはプリンセスでもトヨトミでもない…著者の愛する故郷「大坂」だという気がする。
かつて世界最大の都市大大阪
大日本人ならぬ 大大阪人小説
大坂人テーマパーク小説 とでもいうか…
しかし、それにしても合理主義、個人主義の大阪人ファンタジーが、なぜ没個性的な大阪人ファシズムみたいなもんになってしまうんだろうか?…(はっきりいってそれはたしかに怖い…)
それが万城目ワールド
「どこか、新しい世界の扉がパタンと音を立てて開いたような」(522頁)
もうちょっとファンタジーで割り切らなあかんのやろうけど…
ジジイには無理でした(笑)。

[PR]

電波利権 (新潮新書)

池田 信夫/新潮社

undefined


2005年 内容が古すぎる。
が、総じて良書だと思う。
じつにおもしろい。
一時間もあれば読了してしまう小著です。
メディアのことはメディアに聞いた方が一番わかりやすいはずなのに
既得権益だらけの日本のメディアでは、ほぼ逆のことが起こる。
モノカキの新聞批判はご法度…とよく聞きます(故石堂淑朗)
ごまかし、概念捏造、傲慢、粛清…
ま 人間生きてるだけでじゅうぶん既得権益ですから、しょうがないといえばしょうがないんですが
著しく公正な競争を阻害する要因になるのはやっぱまずいんですネェ
その点、池田さんも元メディアの方ですが、ずぼり!
(HDTVについて)「技術的に優位に立ちながら、標準化をめぐる戦略が稚拙で先を越されるという、おなじみの失敗を繰り返してしまった」(64頁)
(放送業界について)「そこにあるのは、「ジャーナリズム」から想像されるイメージとはかけ離れた業界体質である。むしろ土建業界のような「官公需」に依存した業界と、体質はよく似ている。」(89頁)
(放送業界について)「かつて銀行行政が「護送船団行政」として批判を浴びたが、批判を浴びせていた側の放送業界こそ、今でも残る「最後の護送船団」なのである」(47頁)
はっきりいって腐ってます。
まちがなく この国のいちばんのガン
しかも、だれからも指弾されない 
こんな系列マスコミに自浄作用を期待…なんて狂気の沙汰だってことがわかる
日本のマスコミ=特権階級

「日本でテレビ放送が始まったのは1953年。それから50年以上もたつのに、倒産も買収・合併も事実上一つもないという業界は、他にない。」(3頁)

池田氏は、
これからの電波行政は、電波法の強化ではなく、
むしろ逆に、法を緩和することによって既得権益を撤廃し、電波を政治から解放、電波の非政治化に企図すべきで、
個人・企業の新規参入を妨害するような規制撤廃、コンテンツの内容、方式規格の標準化は極力民間に任せる…
つまり、国がやるべきことは限られていて、電波の交通整理役に徹すべきだという。
[PR]

不死の宴 第一部 終戦編

栗林元/null

undefined


著者にはamaレビュに書いてくれて云われたけど、
非才浅学、浅学無知、別段本読みでも詳しいわけでもないし、
また、書評レベルのものを書ける能力もないので、
ここで要望のようなものを記しておこうと思う。

ストーリー設定は楽しそうだし、
さらっと読めるし、
また、そこそこ面白い。

ただ、設定からすると、やっぱり残念な感じも拭えない。
圧倒的にボリューム不足という感じがするのだ…

気を衒わずオーソドックスな切り口
大戦中(後期)
諏訪湖(上諏訪)-松本ー松代 閉鎖空間
ミシャグチ神 美沙(美女)の降臨
マッドサイエンス…
瀬名の「ブレインヴァレー」を彷彿
おもしろそうな設定。
若干登場人物が多め。
そのわりにはボリューム不足。
読み終わった頃には「序章がなんだったけ」となるぐらいキャラの印象が薄い。
前半はつかみのアクションシーンだけで、あんまりドラマがないなーって印象
瀬名の「ブレインヴァレー」は結局、コップの中の嵐で終わってしまう
この作品は、史実の沖縄戦を戦い、敗戦のどさくさを生き抜くという
sf大河ロマン
ストーリーの射程はでかい
すごく期待がもてるだけに、キャラ確立にもっと時間かけてほしかった
けっこう駆け足感ですすんでしまって…
ささいな意味のないドラマの集積がキャラの多層的な味付けを、もうちょっとがんばってといいたい
モンスターはいるけどホントのモンスターがいないという味付けも、どうなんだろう?
悪魔的な対抗馬(敵役)がいないのは…やっぱ盛り上がりに欠ける(今後に期待)
前半のミシャグチのウンチク、ヴァンパイヤうんちく、それをつなげるウンチク
如月先生の科学・哲学的葛藤…マッドサイエンスな試行 美沙
この話だけでも一巻350枚ぐらい書いてもらいたいところ
いかにも面白そうな沖縄戦も、もうちょっと暴れまわるのかと思ったら、アクションシーンも少なく、あっけない…
やっぱボリューム不足。

一方、アクション&カット・インにこだわり過ぎて、ちょっと読むのがかったるくなるところがある
かえってシーンの躍動感やスピード感を損なっているんじゃないかと、個人的には感じた。
登場人物の心臓の音(アヘアヘッ)が聴こえてくるぐらいの、読んでることすら忘れさせる、リズム感やスピード感が欲しい
アクションがドラマへと昇華されていない
演劇的な情報量の非対称シーンからのアテンションの高いドラマシーンといったものがあまり見られない
個人的にはアクションからアクションへ転がっていくようなドラマ展開が見たかったので(すまん)
今回はsfの骨格である理論(うんちく)は、ほとんど出てこないが
これは今後の如月先生に期待したい…
[PR]