善人面したてめえらへの呪い

「善人面したてめえらへの呪い
 おれよ たとえ 狂ったとしても
 呪い これだけは のこせよ
 でなければ 生きられない

 善人面したてめ[え]らへの呪い
 呪い おれの 呪い 呪い
 呪い 呪いの字を四千四百四十四書き送る
 死んだら呪いも消えるが

 善人面したてめ[え]らへの呪い
 生きているあいだは てめえらへ
 おれは呪い 投げてやる
 この淡い赤い血がかわくまで

 善人面したてめえらへの呪い
 いらぬ おせっかい やきやがる
 てめぇらなんぞの薄情け
 信じる馬鹿が悪いだけ

 善人面したてめえらへの呪い
 信じられぬ そう言った
 おれの見解ちがわなかった
 くれた有難送[贈]り物におかえしは
 てめえらへの呪いだ」永山則夫
[PR]
by qsso | 2005-03-30 19:45 | つれづれ | Comments(3)
Commented by nyuma at 2005-04-04 19:06 x
こういうの聞くと何とも言えなくなって、黙ってしまいますね。
あと鉄鼠書店、期待しております☆
Commented by qsso at 2005-04-05 05:25
コメ支援有り難うございます。
書店経営も精進したいですが、グウタラで(笑)

ノリオちゃんの、その後の哲学への傾倒ぶりは
よく知られていますが……
それにしても、まったく哲学的でないところが、
ひじょうにおもしろくて、
けっこう、笑えたりします。
もちろん、哲学なんかより、ずっと良いという意味ですが
--------------------------------------------------
「おれ」と「てめえら」の間にある断絶(8miles)を
隠すのが、日本の「セケン(世間)」というものの特質(ウソ)のような~
Commented by 繊細居士 at 2015-09-06 20:37 x
はじめまして。
私は、永山則夫をテーマにしたブログをやってます。
(永山則夫以外の話題も書くことがありますが…)

永山則夫の詩や関連の話題をしてくれる人が、
最近はとても少ないので、
ネットで発見すると、とても嬉しいです。

私はこの詩のことは、まだ、
自分のブログで取り上げてなかったので、
いずれ取り上げたいと思います。

>ノリオちゃんの、その後の哲学への傾倒ぶりは
>よく知られていますが……

私の周りでは、あのETV特集「永山則夫100時間の告白」の
可哀想な則夫ちゃんのことしか知らない、
という人しかいないので…
永山則夫が哲学オタクであることを知っている
という知人が周りにいるという管理人さんが羨ましいです。

ちなみに、私が永山則夫のことを知ったのは、今年の春です…
それまで全然永山則夫のことすら知りませんでした…

では失礼しました^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード