文盲

ワシの両親は、ろくに漢字も読めなかったので新聞は読まない。
祖母にいたっては「ナツノ」という自分の名前をカタカナで書けるのみであった。
なので、たまに娘や孫から手紙が届くと、
家の近所の(祖母より10歳ぐらい年上の)Tさんというばあさんのところに
いそいそと出かけていく…
読んでもらうのだ…(ちなみに近所には、そういうばあさんがあと数人いたと思う)
孫のワシ(小学生)に読ませればいいものを…やはり祖母としてのプライドだったのだろうか…
と…ふと思う…

[PR]
by qsso | 2016-05-04 10:01 | つれづれ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード