功利主義入門に入門

功利主義入門―はじめての倫理学 (ちくま新書)

児玉 聡/筑摩書房

undefined


これを買おうかどうかまよった
頭の悪いふつーのじいさんに、この本がいるか?って三秒間考えたんだけど
答えは出なかった。
だってなにが功利かって立場によって、ちがうわけだもん
えろーいひとは国の中枢なんかに入っていろいろな政策や行政に携わって
提言なり方針なりを打ち立てるわけだから
まずはプライオリティという面からも功利性を求められるわけだもん
警察、消防とか救急(トリアージュ)とか…そんなもんないと一日もやっていけないでしょ
しかし個人からすると、そんな3ひく1は2みたいなさ小学生の算数みたいなもんで「おめーは死ね!」って処理されたら、おとといきやがれって感じがするよネェ
前段の警察官や消防士、救急救命士…あるいは死刑に携わる刑務官だって…
立場上それが正しい選択だと思っていても個人的局面では割り切れない思いをすることもあるのではないだろうか?
こりゃぁおたがい相容れない倫理学が必要だと思う
どっちにしろ
ワシのようなじいさんには、
ウンコやSEXをしたあとに見出されたオマケみたいなもんだろうけど
ま、そういう観点から
謹んで入門させてもらうか

[PR]
by qsso | 2016-08-27 08:53 | つれづれ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード