西研+佐藤幹夫「哲学は何の役に立つのか」

哲学は何の役に立つのか (新書y (102))

西 研,佐藤 幹夫/洋泉社

undefined


なんの役に立つのか???
馬鹿とはさみでも
そりゃなんでも解釈次第、使い方次第である。
そしてそれは運命的に誤謬と虚偽にまみれている(笑)

対話形式の本だが、はっきりいって
おっさんふたりのつまんない世間話がほとんど…っす
若いころ、進学校でやんちゃしてたおっとか
半分以上自慢話みたいな
それこそ何の役に立つんだオっそんなハナシっ!…感じ…の本

ものの本なんかに哲学は物事の本質をつかみ取るのに便利?必要だとか、よく聞くハナシだけど
むしろテレビなんか見てると、
哲学のテの字も知らない人の方が、よく物事の本質をつかんでるような気がするんだけど
気のせい?

あとは…なんにも言いたくはないんだけど…

西研さんの教育論に、ちょっとコメントしたい
「近代社会においては、「どんな人間も対等なプレーヤーとしてゲームに参加できる」ということが重要です。性別や貧富、階層を問わない、ということですね。こうした”フェアなルール感覚”こそ、学校で身につけさせなくてはならない。いま、日本社会も他民族化、階層化しようとしています。学力補償の工夫によって階層化をくいとめつつ、フェアなルール感覚と関係能力を育てること。学校にはこうした大きな存在理由があるあると思います」(148-9頁)
じじつはちょうど逆ですネェ。日本社会においては、学校こそが規律訓練によって性別や貧富、階層化を推進してきた原動力です。学力補償の小細工もいいですが、そういった問題は進学塾予備校含めて学校の全面無料化をすればいいだけのハナシです。それでも学校は学力よって人を選別し階層化を推進させる原動力にかわりはないでしょうが…。
「教育の目的は社会の一員として生活できるようにすることだ、そのためには、技能と知識、ルール感覚、関係能力、を育てる必要あるというがお話をしました。しかし現代社会で生きるためには、さらに必要なことがもう一つである、と考えています。それは、一人ひとりが「生き方をどうつくりあがていくか」という課題を抱えている以上、それをフォローする必要があるのではないか。つまり、「生きることを考える場」を可能ならば学校のなかにもつくっていったほうがいいのではないか、…」(149頁)
要するに「人格形成にまで、学校(教育)は深く関われっ」ていうやつですネェ。
明治時代この方、前近代的な村落共同体(家父長的)の成員を近代的な規律訓練社会に投げ込むための(僧侶的)装置としては、その方がよかったのでしょうが、もうそのようなフロンティアはないのです。
ガッコウ的なステレオタイプ的価値観がより促進されるだけです。
僕はむしろ真逆を推薦したい。
学問&スポーツ(技術)だけを淡々と教え、鍛え、厳しく選別する施設にすべきです…
学校は選別装置(出生後マススクリーニング)に徹すべきです。
いくら学問といえど、どう生きるべきかなど…そういった人格、人生価値・目的論に立ち入るべきではありません、
そういったものはまずは家庭、地域社会の中で培う
親(労働)と学校(教育)の分業体制こそ疑問を持つべきです…

学問は民主主義と相性が悪いんですよ…

[PR]
by qsso | 2016-10-29 08:28 | つれづれ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード