そもそもわれわれはなぜ民主主義というものを疑わないのか?

西部邁ゼミナール|TOKYO MX - アーカイブ「『知識人によって誤解されてきたdemocracy』」2017年5月6日放送
そもそもわれわれはなぜ民主主義というものを疑わないのか?
その答えは
はっきりしてます

戦争に負けて
政治で負けて
文化でも負けて
人間としても負けた
日本人は綿々と続いてきた伝統(歴史)のなかで
勝ち組に逆らっても損することを、
あたまやコトバではなく、からだ全体で知悉している
ひょっとするとDNAに書き込まれているのかもしれません(笑)
なので疑わないんじゃなくて、はじめから民主主義のミの字も信じてない
一滴も信じてない
民主主義万歳しながら からだ全体で拒否
日本人の場合、民主主義であろうが江戸幕藩体制であろうが天皇制であろうが
つねに勝ち組にやらされてるイデオロギーにしか過ぎないんです
むしろ「疑ってどうなるんですか?」って思ってるはずですよ
これこそ日本人の伝統

かんぱーい
           
なぜ、そんなことがわからないのか不思議です

「国家が国民を信じないから日本は弱い」(日下公人)
「特攻攻撃の情けないところは…
…日本軍隊の致命的な欠陥がある。それは何かというと、要するに、兵隊を信用していないということで、「もし爆弾を落として帰ってきていいということにしておいたら、みんな大した攻撃もしないで帰ってくるんじゃないか」という国民不信の思想だった。
 なんでそうなっちゃうかというと、その根本は民主主義国家じゃないからで、「戦争目的について国民の合意を得ていたい」と、戦争指導者自身がそう思っているんですよ。これは決定的に重要なことです。国家が国民を信じてないんだから、日本は根本的に弱いんです。上の人たちは、自分たちが勝手に戦争を始めたから、下が本当についてくるかどうか心配なんだ。アメリカとは、そこが違うんです。
…そうですとも。兵隊に降伏を許さなかったのも、弱さのあらわれですね。降伏病が伝染すると思っていたからです…」(348-50頁)日下公人

大東亜戦争、こうすれば勝てた (講談社プラスアルファ文庫)

小室 直樹,日下 公人/講談社

undefined




社会的影響力のあるひと : すさまじきものにして見る人もなきブログ!



[PR]
by qsso | 2017-07-10 06:05 | つれづれ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード