福岡伸一「生物と無生物のあいだ」

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)

福岡 伸一/講談社

undefined


科学(分子生物学)を
犯人 被害者 殺人計画… 
ミステリーの倒叙ものタッチで描く…
スリルと興奮

背景描写がロードムービーみたいに再生したり、巻き戻したり、早送りしたり、また戻ったり、スローモーション
視覚的に訴えかける文体がすごい
まるで現場からルポルタージュしてるような ジャーナリスティック

科学の本というよりミステリー
文字通り「あいだ」における人々のストーリー。

社会人 科学には 興味あるけど 難しいことはわかんない ひと向け
[PR]
by qsso | 2017-07-13 20:51 | 読書 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード