栗林元「不死の宴 第一部 終戦編」

不死の宴 第一部 終戦編

栗林元/null

undefined


著者にはamaレビュに書いてくれて云われたけど、
非才浅学、浅学無知、別段本読みでも詳しいわけでもないし、
また、書評レベルのものを書ける能力もないので、
ここで要望のようなものを記しておこうと思う。

ストーリー設定は楽しそうだし、
さらっと読めるし、
また、そこそこ面白い。

ただ、設定からすると、やっぱり残念な感じも拭えない。
圧倒的にボリューム不足という感じがするのだ…

気を衒わずオーソドックスな切り口
大戦中(後期)
諏訪湖(上諏訪)-松本ー松代 閉鎖空間
ミシャグチ神 美沙(美女)の降臨
マッドサイエンス…
瀬名の「ブレインヴァレー」を彷彿
おもしろそうな設定。
若干登場人物が多め。
そのわりにはボリューム不足。
読み終わった頃には「序章がなんだったけ」となるぐらいキャラの印象が薄い。
前半はつかみのアクションシーンだけで、あんまりドラマがないなーって印象
瀬名の「ブレインヴァレー」は結局、コップの中の嵐で終わってしまう
この作品は、史実の沖縄戦を戦い、敗戦のどさくさを生き抜くという
sf大河ロマン
ストーリーの射程はでかい
すごく期待がもてるだけに、キャラ確立にもっと時間かけてほしかった
けっこう駆け足感ですすんでしまって…
ささいな意味のないドラマの集積がキャラの多層的な味付けを、もうちょっとがんばってといいたい
モンスターはいるけどホントのモンスターがいないという味付けも、どうなんだろう?
悪魔的な対抗馬(敵役)がいないのは…やっぱ盛り上がりに欠ける(今後に期待)
前半のミシャグチのウンチク、ヴァンパイヤうんちく、それをつなげるウンチク
如月先生の科学・哲学的葛藤…マッドサイエンスな試行 美沙
この話だけでも一巻350枚ぐらい書いてもらいたいところ
いかにも面白そうな沖縄戦も、もうちょっと暴れまわるのかと思ったら、アクションシーンも少なく、あっけない…
やっぱボリューム不足。

一方、アクション&カット・インにこだわり過ぎて、ちょっと読むのがかったるくなるところがある
かえってシーンの躍動感やスピード感を損なっているんじゃないかと、個人的には感じた。
登場人物の心臓の音(アヘアヘッ)が聴こえてくるぐらいの、読んでることすら忘れさせる、リズム感やスピード感が欲しい
アクションがドラマへと昇華されていない
演劇的な情報量の非対称シーンからのアテンションの高いドラマシーンといったものがあまり見られない
個人的にはアクションからアクションへ転がっていくようなドラマ展開が見たかったので(すまん)
今回はsfの骨格である理論(うんちく)は、ほとんど出てこないが
これは今後の如月先生に期待したい…
[PR]
by qsso | 2017-08-24 07:11 | 読書 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード