スタートラインの平等

鉄鼠 : スタートラインの平等
「前近代は出自や身分によって人は差別されていた。つまり、身分が低ければたとえ能力があっても「人の上に立つ仕事」はできなかった。それは、いまではたいへん不当なことだとみなされている。能力の優れた者も劣った者も、同じスタートラインに立って走ることを余儀なくされる社会、そしてその結果を重んじる社会である。それは、やはり同じほど残酷な社会なんだ。」(92頁)中島義道「働くことがイヤな人のための本」

能力だって生得的なものだよねぇ
(さらにこれに親の文化資本の相続が加わる)
そういうことからいうと
前近代(身分封建(クラス)制)=近代
ってことだよね
残酷さってことで
イコールにしちゃった!

その点、
優れた女より劣った男がエロ偉い、というシステム
男社会の巨根を絶つ巨悪を撃つ!
みたいな
フェミニズム(「のようなもの」含む)は、いかにも無邪気というか~??


中島義道「働くことがイヤな人のための本」
日経

[PR]
by qsso | 2007-02-11 08:17 | つれづれ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード