矛盾した願望

「中途半端な反米主義者って……
米国の政策をさんざんこけおろして、
そのすぐあとに、
「日本の政治は政権交代がないと(あるいは二大政党制にならないと)まっとうな政治にならない」なんて
平気でいう人たちだからな~

中途半端な反米なんてのは、ガキと一緒で、
結局、そういった反発(反感)が、親(米国-強いもの)に強く依存している…ことに気づかないところが…」

鉄鼠 : 一人勝ちの日本!

中途半端な反米主義者が、
なんであんなに混乱した主張を(厚顔にも)平気で出来るのか?
わからない……?
なにかそれは、女性が常日頃から、男性に対して、混乱した困難な要求を突きつけておいても、平然としてられるのと……よく似ている…
「女はいつもその時代における勝者に価値を置きますので、現代日本の女の子は「強い男がいい、でも暴力は嫌い」とか「私を全身で守ってほしい、でも喧嘩しちゃ厭」という難しい注文を出す。なにしろ「やさしい」男が大好き。でも、その「やさしさ」の中には「男らしさ」が潜んでいなければならない。しかし、絶対に喧嘩をしてはならない。暴力をふるってはならない。もっと精神的な強さがあって欲しい……と欲求は抽象度を高めます。
 こうした困難な要求を満たし勝ち抜くのは、頭の良い狡賢い男だけ。腕力だけあって頭がゼロの男はうち捨てられる。だから、みんな適正がないにもかかわらず、人生の勝者をめざして必死に勉強に食らいつくのです。……。」(pp.91)
中島義道「ぐれる!」
似ている……
反米主義者に女性が多い
のか?
どうかはしらないが…??
ひょっとすると、中途半端な反米主義者って
女性と頭の良い狡賢い男だけ?
かも?( ^∀^)ゲラゲラ


「大衆は女性そのものであり、大衆は女性のように両極に容易く揺れ動く。
 ゆえに大衆を掴むには女性を信じ込ませることである。
 女性が信じれば、子供は、それについて行き、男はそれに従う」か(ヒトラー?)



中島義道「ぐれる!」

[PR]
by qsso | 2007-02-18 18:43 | つれづれ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード