引用……自分の言葉で書け!

「哲学はどんな価値も前提としないことがゆるされる(すべての価値を問題にできる)唯一の営みだから。」(永井均)
ワシもムカシは引用だらけの文章を多数「排出」していた時期があるな(笑)、
その時、たしか、どこかのオジサンさんに「自分の言葉で書け!」とか、叱られたことがある。
たいがい、そんなことをいうのは、知的なもの(権威)にクラーいコンプレックスを抱いているオジサン。
こういうオジサンは、根本的に自分自身を問題にすることができない。
だから「自分の言葉で書け!」なんて
そういう紋切り型の批判自体が、オジサンの自分の言葉ではないことに気づかずに言ってしまう……そんなところが、なんともアホ丸刺し
そもそも、言葉は自分の発明物でもなんでもない……

「我々が身につけている思考・習慣・文化の様式はほぼすべてと言っていいほど、広い意味で社会的「教育」を通して習得したものであって、成長と共に”自然と”身に付くものというのは、実は想像することさえ難しい。我々の考えていることや知っていることのほとんどは、他人から教えてもらったものである。このような文章を書いたり、読んだりする際に使用している「言語」自体が、「他者」から与えられたものであり、そうした「他者の言語」抜きには自分で考えることは不可能だ。……」(12頁)仲正昌樹「「不自由」論」
だから
他者の言語こそが「私」の言語である……と言っても
分かんない奴は分かんないよなぁ(´∀)ゲラ(´∀`)ゲラ(∀`)
[PR]
by qsso | 2007-06-20 19:21 | つれづれ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード