精神世界ブームらしい(笑)

へたれによって
すっかり俗っぽくなったスピリチュアル……

なんでこんなハナシが受けるのか?
もちろん、ワシなぞにはわからんが……

ひとむかしまえだったら、
そのようなヘタレにも、「ちょっと」反体制な気分とか、「ちょっと」ハンセンヘイワな気分とか(これもある意味でかなりスピリチュアル・ファンタジーなのだが(笑))……それなりの物語(いわゆるサヨク的なソープオペラ)があったのが、
そういう物語が、もはや信じられない、リアリティない……
そういうひとたちの一部が雪崩を打って、
前世(アナザー・ワールド)は戦士で……テーマは「ボクらの地球を守って……」みたいなパターン(SFオタ、占いオタ、スピ、メンヘラー、トラパ、サブカル……)に物語変更?したような気もする…
考えてみれば、弱者(子ども&凡人も含む)、負け組は、いつの時代も、
自然に反価値(前世、アナザーワールドの階級、人格…etc)を持ち出して勝とうとするもの。
ワシら弱者、負け組のルサンチマンは「自然」だから根深い(笑)。
もちろん、ヴァーチャルな空間で虚しい凱歌を上げる彼らに…
ホントの地球が守れるわけがないが……
ワシが疑問なのはそこではない…(ていうか、そんなことどうだっていい)…
なぜ、彼らは、そこでも、社会や地球を守りたいのか??
なんで、そこだけ急に俗っぽいのか??まともすぎるのか??
それがわからない…
(´∀)ゲラ(´∀`)ゲラ(∀`)
[PR]
by qsso | 2007-09-26 18:32 | つれづれ | Comments(1)
Commented by アネモネ太郎 at 2007-09-30 00:43 x
おしまいの人間はときに、悪の役者を欲する。さもなくば胸焼けを起こすからだ。そしてそれを利用して正義のヒーローをきどる。それこそが一番の欲望だからだ
名前
URL
画像認証
削除用パスワード