アンチ亀は、何を言っているのか?

ニューストップ > トピックス > スポーツ > 「亀田寄り」TBSに抗議1500件…テレビは弁明 - Infoseek ニュース - Infoseek ニュース

亀田家を嫌うひとがいるのは分かる。
好きキライは誰にでもある。
どこにいっても周辺住民に迷惑をかけてトラブルを起こしているような礼儀知らずな家が一軒や二軒はあるもんだ。
しかし、それは、どこにでもある話である。
また、ビッグマウスだの、礼儀を知らないだの
あの程度の品の悪い若者なら、そこらじゅうにいるといっても過言ではない。
満員電車で傍若無人な学生
式でふるまい酒飲んで暴れ出す新成人
夜遅くまで花火遊びして騒いでいる若者
迷惑を省みずコンビニの通路でヘタれている若者……
…なぜかこちらは…注意する人さえいない。
別に保険料をネコババしたわけでも、万引きしたあげく店員を刺し殺したわけでもない
はじめての世界戦をまえに心細さをビッグマウスで埋めているような18歳のガキを、
なぜ、そこまで非難したいのか?
よくわからん。

そもそも前々から、あれだけ、
一家の下品さ、不品行さは喧伝され分かってたのだから、
アンチ亀は、チャンネルを変えれば済むだけの話である。
近隣トラブルより、もっと簡単である。
にも関わらず、
テレビを見るなり、情報摂取してまで
ここまで執拗にアンチ亀になってしまうひとには、
一種、異様なものを感じないわけにはいかない。

このあいだの浅羽図式をあてがうならば…
彼らにとって、こういったバッシング自体が、
せせこましい日常を生きている矮小なエゴイストである自分を隠蔽して一気に尊厳ある個人へと自分を上げ底する自己陶酔のためのアイデンティティ確認、
一種の刹那的快楽行為(ナルシズム)なのかと疑ってしまう。
清く正しく美しく……言うことが、一々学校化してることも気になる……。


橋本によれば
「日本では、”対立”が起らなくて”排除”が起る」
「”対立”というのは、その対立を成り立たせるための”共通の地盤”というのが必要」
「”違う人間の思想”なんか分からないから、日本の論争は”すれ違い”か”仲間内のもの”にしかならない」
「あいつはヘンなことを考えている気持ち悪いやつだから仲間はずれしよう」とか」
「日本人は、対立するかわりに、仲間はずれにする」(141-2頁)橋本
その言葉通り、
アンチ亀の言説には、永久追放!、ハラ切れ!…とか……
どっちかというと、この世から永久に抹殺したい感情に満ちあふれている…ような気がする…
考えてみれば、アンチ亀は、それこそ”共通の土俵(地盤)”で対立しているのではなく、テレビの視聴者という不特定多数匿名という安全な観客席(場所)からものを言い続け、自分とは”違う人間の思想”を仲間はずれにしているだけ……のようにも見える。

そうみていくと、このあいだの荷宮の若者(友-敵)論となんとなくリンクするんじゃないか…
「「自分を非難しない人」=「いいことしか言わない人」=「自分に好意を持っている人」=「味方」=「関わり合いになりたい人」
「自分を叱咤する人」=「自分を非難する人」=「自分に敵意を持っている人」=「敵」=「関わり合いになりたくない人」というわけである」
(57頁)荷宮


要するに
みんながじぶんの味方という(ほとんど虚偽の)セカイ…(これってたぶん国家の品格的!)…。
いわば終わることのない「思春期的セカイ系」を果てしなく拡大しようという欲望…
アンチ亀言説は、その思春期的全能感を侵害するような現実を次々と血祭りに上げていってるだけ…
かも…

しかも、ワシの見るところ
そういった気分は、中島義道の「みんなが厭な気分になるじゃないか!」「「いい気分」を維持する暴力」(209頁)とつながっているような気もする。
意外に身近なもので伝統的なものかも…。


すさまじきものにして見る人もなきブログ! : バッシング
すさまじきものにして見る人もなきブログ! : 「やってみたら意外と難しいんですねえ!」
すさまじきものにして見る人もなきブログ! : 亀田の批判
すさまじきものにして見る人もなきブログ! : アンチ亀は、何を言っているのか?
すさまじきものにして見る人もなきブログ! : 亀田騒動~世間様の恐怖政治
すさまじきものにして見る人もなきブログ! : オッサンからすると
すさまじきものにして見る人もなきブログ! : ネットオタクの去勢不安


中島義道「私の嫌いな10の言葉」
荷宮和子「若者はなぜ怒らなくなったのか」
浅羽通明「天使の王国」
橋本治「宗教なんかこわくない!」
[PR]
by qsso | 2007-10-14 18:38 | つれづれ | Comments(4)
Commented by アンチ亀 at 2007-10-14 22:38 x
あなたの言う通り、街には亀田以上に礼儀知らずの馬鹿者であふれている。
しかし、世間の人間はそれを許して黙認しているのではない。
皆出来ることなら、秩序を乱すような馬鹿には、ガツンと一言言ってやりたいと心のどこかで考えている。
「思春期的全能感を侵害するような現実」
なるほど。。。
しかしあなたが言うように、事はそんな単純なものではないのだよ。
むしろ、それはアンチ亀に対するあなたのアンチアンチ亀の思考ではなかろうか?
亀田は無礼でルールも守れない「悪」であるのは紛れもない事実。
悪とその悪を讃える者が、世間の轟々たる非難を浴びるのは、日本国民がまだ良識を捨てていない証拠である。
Commented by そうなんですよね。 at 2007-10-14 22:56 x
そうなんですよね。
日本の組織の中では、対立は成立しないんですよね。敵か味方か。そして、異質のものを尊重し、対立させるのではなく、ひたすら排除していく。
日本の組織の中で、唯一、対立しながらも排除されない方法は、1番強い者になること。一般人にはほとんど不可能なことです。
だから、間違っても、いじめられっ子は内藤大助さんを見習ってはいけないのです。周りと同化する術を身に付けるのが得策だと思います。
Commented by bowworks at 2007-10-14 22:59
あなたは試合観てないんですね。
格闘技をしたことも、多分ないんじゃないでしょうか。
だから納得できないんじゃないですか?

試合見れば、彼が叩かれる理由はわかります。
YouTubeかニコニコ動画あたりで、試合を観てみることをお勧めします。

格闘技は、ヘタすると死に直結するもんです。
だからルールを作って、安全を確保して競うんです。
今回の様にサミング、金的付近へのローブロー、足踏み、スープレックス、スリーパー、バッティング……なんてのは、ボクシングのバランスを崩して競技者を危険に晒すものです。
それを行っただけでも、批判をされるのは当然だと思いますよ。
Commented by uguisu at 2007-10-16 19:53 x
正直いうと、、、亀父も嫌いだけど善人ぶっていた前時津風のがもっと嫌い。
この亀父のせいで事件が小さくなってしまって、そういう意味で亀一家には腹が立つ。
でも、なぜこんなに私は怒っているのか?
と、ふと思う瞬間も確かにある。
ほんの一瞬だけど・・少し考えてみるよ。

余談ですが、ノリックの突然のさよならにはビックリしました。
デビューの頃を想い出しますね。残念。。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード