オッサンの考える成人年齢

上げか下げるか?
どっちが良いかなんて
ワシみたいなアホなオッサンに分かるはずもない。
分からないし、たいして興味もないけど、ひまつぶしに
なにがそこで言われているのか?
ていうか、ほんとは何が問われ、何が考えられているのか?
3分ほど考えたので、
その内容を報告したい。

「成人年齢18歳に引き下げ」に対して
「18歳では、大人になりきれていない」というときの「成人」の言葉の意味は
成人=大人ということになると思う。
じゃなんで大人じゃないといけないかというと、
巷間の議論のほとんどは、判断能力の有無だという。
責任を取れるだけの判断能力の有無。
その境界・基準こそが人間社会では成人年齢と言われてるようだ。
ワシみたいなボンクラには、「成人」とか「大人」とか、ごちゃごちゃして分かりにくいが、
要は、その境界(ボーダーライン)を上げるか、現状維持か、下げるかを議論しているわけだから、
すなわち判断能力の基準を上げるか、現状維持か、下げるかを巷間では議論していることになると思う。
上げるか、現状維持か、下げるかを議論するまえに、
まず考えられるべきは、そもそも現時点で、どの程度のものが大人程度の判断力と見做されているか?である。
大人といっても幅が広い
女子大生もいれば、寝たきり老人、暴走族、カルト教団の信者もいる
小学校しか出ていないものがいるかと思えば、ハーバード卒もいる
年齢的成人であるのに、子どもじみた判断力しかない者(ワシである)、
加齢で、まともな判断力を失っている老人
いかがわしい教祖・教団のいうとおりにするロボット信者等々…
たしかに現実の個々人の判断力の差は、想像以上にとてつもなくでかいが、
大人程度(年齢的成人)の判断力といわれるものの基準はそんなに高くないことがわかる。
すくなくとも知的障害者(成人)から不当に権利を剥奪するような基準ではない。
その程度の判断能力でいいのなら十歳からでもいいような気もする。

逆に、いまの判断力の基準が低すぎる、もうちょっと厳格に査定すべきだと(判断能力主義から)すると、
年齢制限を撤廃し、試験制、偏差値65以上の大卒、年収1千万以上でないものを成人と認めないとか……いう提案があってもおかしくない。


とまぁ
成人を知的判断能力の観点からのみ雑駁に考えてみた。
そういう側面からだけいうと、上げ派、現状維持派はちょっと分が悪いように思える…

もちろん、経験的判断能力というものを新たに定義して、付け加えて考えることもできるし、
そもそもこの議論は、ひとつの側面だけで議論されるべきものではないかもしれない…。
[PR]
by qsso | 2008-02-21 18:48 | つれづれ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード