日本人としての品格

「大半のオッサンにしてみれば日本なんて、毎日、満員電車に揺られていく家と会社のその短い間の風景でしかないんだから」
逆に言うと、ネットの掲示板なんかで、日本国家とか日本人(あるいは国歌とか国旗)とかに異常な自信を持って語るやつを見るとびっくりするんだよねぇ……( ^∀^)ゲラゲラ
「あんたなんで、そんなに自信があるんだい?」
「そんな暮らしのなにがそんなに嬉しいんだい?」って訊きたくなる。
ひょっとしたら、そういう品格路線の言説ってワシラのようなみすぼらしい人間のみすぼらしい日常を覆い隠すための麻酔みたいなもんになってるような気が…。
その対極にあると見なされているのが進歩的文化人や、いわゆるサヨの言説とか、自虐史観とかいわれるものも、それに入ると思うんだけど、これもまた、自信満々なところがまったく同じ。確かに他人や外界に対しては深い疑いを持つけど、そういう自分に対しては、まったくない。自信満々で権力者や政治家、過去の日本(人)、日本国家を糾弾するのみ。自分たちだけは、そうでない外部の絶対的な高みに立っているつもりでいるんだろうな…?…。なんで、そんなに自信満々なのかワケが分からん。
結局、ワシには、どっちにも違和感あるのよ…一種の宗教団体のよう…
[PR]
by qsso | 2009-07-05 19:11 | つれづれ | Comments(2)
Commented by micky_oo at 2009-07-12 11:54
はじめまして・・・その感じ・・なんかよくわかります^^

Commented by cb at 2009-07-22 13:33 x
宗教は民衆の阿片(麻酔)である。名言ですね^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード