掲示板を覗くと

民主盲信者
小泉盲信者
鳩山盲信者
自民盲信者
麻生盲信者
民営化盲信者
脱官僚盲信者
社会盲信者
女性盲信者
国家盲信者
日本「人」盲信者
……盲信者ばっかり
結局、ぶら下がる対象(勝ち組)が欲しいだけ??

「《日本が近代を迎えるにあたって必要だったのは、”自分の頭でものを考えられるようになること”だった。それこそが”個人の内面に語りかけられるべきこと”で、制度社会との調和から離れてそういうことをするのに慣れていない日本人は、その”内面に対する語りかけ”を”宗教”と錯覚した》ということである」(128頁)

「自分の頭でものを考えると、当然のことながら、”孤独”というものがやって来る。そうなると、日本人の多くはすでに心細くなって、「この心細い自分をなんとかしてもらいたい」ということになって」「すぐに”救済を求める”に行ってしまう。」(122頁)

「”自分の頭で結論を出す”くらいの我慢」もできないで「すぐに”救済を求める”に行ってしまう。……私もとっても大胆なことを言うが、日本人は「理屈であれこれ考える」ということに弱くて、「信じれば救われる」という方を選ぶ。」(124頁)

「答はエラい誰かが持ってきてくれるもんで、そんなことを考えるのはメンドくさいから、おとなしく待ってる」と、まるで渋谷駅の忠犬ハチ公のようになっている」(87頁)

「はっきりしているのは、「日本人に一番必要なものは”宗教”ではなく、”自分の頭でものを考える”という習性である」ということだ、」(87頁)

「若いやつは自分の頭でものを考えようとするが、そんな若いやつを取り巻く既成現実の方は、自分の頭でものなんか考えない。自分の頭でものを考えない人間に取り巻かれて、若いやつは”孤独”の中に落っこちる。世間が”自分の頭でものを考えることの孤独”を知らないのだから、若いやつは、当然のこととして、そんな孤独に堪えられない。
 孤独になった青年がアップアップしてオウム真理教にたどりつくのはもう少しのことである。」(128頁)

「日本人は孤独に弱い。ものを考える人間は特に。だから、”自分の頭でものを考えるは、すぐに”救済を求める”に行ってしまう。”自分の頭で結論を出す”くらいの我慢をすりゃいいのに、そういうことになる。」(123頁)



味方なんかいない…みんな孤独( ^Д^)ゲラゲラ
[PR]
by qsso | 2009-09-18 18:55 | つれづれ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード