価値観の多様化

<子ども手当>「所得制限を」社民と国民新 (毎日新聞社) | エキサイトニュース
所得制限導入で与党間に異論=子ども手当で-政府(時事通信) - Yahoo!ニュース

単なる子育て支援か、それとも少子化対策が本丸なのか
はっきりしない。どっちつかず。
ていうか、
はじめから少子化対策なんて、
ちょっとも考えてないような気が…
オカミの深謀遠慮??…

少子化を食い止めるには2人以上生まないと意味が無いと思うけど、
(そもそもこの設定に、今じゃかなり違和感があると思うのだが…ま少子化って言葉自体が、オカミやじぶんたちの都合で考え出されたものだけどね)
価値観が多様化した今の時代に、多少金銭的補助があるからって、結婚して子ども一杯(三人)生んで育てて、それだけで人生を幸福って思える「個人」がドンダケいるのか??疑問?。ていうか少子化の原因が経済説かどうか…がまず問題だろう(戦前の日本や発展途上国を見ても、経済説には、怪しい点がある)。

民主党によると
子ども手当のかわりに扶養・配偶者控除を廃止する方向らしいが…
「配偶者控除は、働く女性を差別し専業主婦を優遇する制度だ。この制度を残したまま、いくら「少子化対策」をしても、子どもは増えない。生き生きと仕事をしながら子を産み、育てられる社会の仕組みにしない限り、女性は子を産もうという気持ちになれないからだ。」小沢遼子(朝日新聞)

中途半端な女権論が一番タチが悪い。
フェミニズムによる女性の社会進出=専業主婦殲滅(「家族」の衰退)…主婦からも税金
けっきょくさぁ財政の苦しいオカミが、こういう調子の良い言説(スローガン)を利用して、取りやすい層(ところ)から取ろうとしてるだけ…こんなの(専業主婦家庭殲滅は少子化対策にあきらかに逆効果?)。

社会の仕組みのまえに、ヒトの仕組みがある…
ヒトの仕組みは、そんなに簡単に変えられない
出産・子育て・介護には…時間がかかる、手間もかかる
ヒトの仕組みが、そうなってんだもん。
変えられん。

子育て、少子化対策が、そんなに大事というなら、
出産・子育ては大事な国家事業であるとして、
子を持つ女性に一律最低500万円の年俸をあげたらいい。
(老人介護者にも、この方式が望ましい( ^Д^)ゲラゲラ)
そして、ゆっくり出産し、ゆっくり子育てしたらいい
女性って…そういう仕組みになってると思う…
無理に男性と同じ事をする必要なんてあるん?…

ま、そういう半分共産主義みたいなのがいいのか
競争して、国家や会社がいう「自己実現」とやら目指すのがいいのか
ワシにはわからんが…
オニババになりたいやつはなればいい



※たしかに、いまお子さんのいる家庭にに有り難いだろうが、子どもなんかあっという間に大きくなって、それからが長いのよ…トータルでみると損かも…
[PR]
by qsso | 2009-09-21 18:23 | つれづれ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード