<   2013年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

隣国のそれも
戦後民主主義だよね

「日本の軍国主義者という抑圧者から、あなたたち市民を解放した」
それが隣国に行けば日本国(人)になるだけで
結局アメリカが正義のヒーローでした…という大きなストーリー=反日
(いまの日本ではそれが「権力者ガー」「ジミンガー」「ミンシュガー」「カンリョーガー」…云々に推移しただけで構図は一緒だもんね。結局、「ワシら人民(笑)は何の罪もない無知無辜の弱者…それらに騙されてた善意の第三者」っていう立ち位置を、原発問題でも繰り返してたよな)
まー日本人(国)も…それに乗っかってるほうが楽だったから
戦後何十年とそれにまつわる言説を増産してきたわけだけど…

子どものけんかなら、正しいか正しくないかに関係なく、ただ腕力が強かったから勝ったと、すぐにわかるのに
こと戦争(オトナのケンカ)になると、正しいほうが勝ったと…いや、正しいから勝ったと思い込む…あるいは思い込まされるのはなぜなんだろうか?…逆に言うとそれは、負けたほうは正しくなく間違っていたから負けた…「あやまちは二度とくりかえしましぇ~ん」となる…
(きわめつけは、戦後、戦前から米国追随だった日本の政治家たちを先見の明があったと誉めそやすひとたちとか…なんなの?…バカなの?)

勝利=正義主義

もちろん、そんなもん政治だろうが国家だろうが歴史だろうが自分のためになるんなら
肥やしになるうちは肥やしにしといたらいいとワシも思うけど…

いうまでもないけど…娑婆の状況によってコロコロ変わる「正義(まして政治や歴史なぞ)」なんかに永遠普遍の真理を求めるほうがおかしいだろ~

そういう永遠普遍の真理としての歴史や道徳(善悪)なんぞを祭り上げて、自分たちの感覚を麻痺させてないと、なんか困ることでもあるみたい?

高尚な理念や理想さえ掲げれば、自分の目の前でどんな(悲惨な)ことが繰り広げられようが許されるみたいな…

むしろ大事なのは自分のいまの「感覚」だろうよ
「感覚」でだめなら人間しょうがない…(笑)


※もちろん人間の「真理への偏愛」は終わらないだろうし、そもそもその「人間の感覚」ってやつが一番あて(頼り)にならないということが出発点(デカルト)じゃなかったのか?という疑問は…読者の諸賢の想像にオマケします
[PR]