<   2016年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

蓮舫さんの場合「鬼の首でも取ったように他人の失敗を叩く」風儀を助長するような政治家だったので、
このようなことになったのかもしれませんねぇ。
ま、蓮舫さんのことはともかく、やっぱり内田さんがおっしゃるように
「失敗を認めない…失敗を叩く」風儀が蔓延してる社会はたしかによくないとわたしも思います。
よく日本社会は、一度落ちこぼれると、二度と這い上がれない社会だと言われます。
大手企業(採用状況)を見ても、そういう状況の一端を伺い知れます。
ただ、こういう状況になったのは、急速なドラスティックな変化でなったというよりも、もっと長い年月をかけてそうなってきたという気がします。
かつて堺屋太一さんが古来日本は「物不足-人余り文化」だったとかおっしゃっておられました。
人間過剰、人間使い捨て社会
武士の社会もせんじ詰めれば一種のドレイ文化だというひとがいます。
人間も物件のように扱う(カントは怒るでしょうが)…
物件のように扱われても、常に主人に忠と義で尽くすのが日本人=ドレイの務め…
一つの伝統文化と言って良いかもしれません。
むかしは、それでだれも疑問を持つ人がいなかった。
しかしいまは物は過剰だし、情報化社会…
どうしても欧米と比較してしまう。
向こうはキリスト教、みんな原罪で赦しの文化ですネェ
ごくざっぱくいうと
愛の文化VS忠義文化

まったく根本から人間観が違う…

まったく根本から人間観が違うのに
まったく根本からちがう人間・人生観で作られた経済制度や社会制度で、
日本人は、毎日のしのぎをしているわけですねぇ…
そりゃぁまぁいろんな齟齬が出ると思います…

たとえば自由主義(リベラリズム)…我が国の諸制度は米国のそれから強い影響を受けていることは確かです…これは失敗を認める制度です。
自由競争によって格差はできるけど全体の(経済の)パイが大きくなって、
結果的にみんなにとっていいんだ…
それによる格差も徴税によって再分配して、国民(負け組)の再競争を促し、さらに発展…
だからみんな失敗を恐れずにじゃんじゃんチャレンジして…競争しよう…
ところが日本では、なかなかそういうふうにはならない…
むしろ、この制度のせいで(再分配で(世代間他)格差が広がるという)…事態まで起こってしまっている
これはひとつは日本人がリベラリズムの大きな柱である「公正な競争」より、安定的な人間の関係性のほうを重視するからですねぇ…
人間観 人生観の違いから…うまくいかないんです
安定的な関係だから煮詰まってしまうんですネェ
ま 自縄自縛なんですが…ここら辺は差別心理と似てますねぇ
だからちょっとした失敗でも叩いて憂さを晴らしたくなる
のかもしれません…

日本の自生的な人間観、人生観をかなぐり捨てでも、
あちらの諸制度に適合的な人間観・人生観を持つか…
それとも日本独自のシステムを構築するか…
もっと他のオルトがあるか
ワシのような凡庸な老人にはわかりません…

[PR]
前から思ってたんだけど
第1条
1 この条約において、「人種差別」とは、人種、皮膚の色、世系又は民族的若しくは種族的出身に基づくあらゆる区別、排除、制限又は優先であって、政治的、経済的、社会的、文化的その他のあらゆる公的生活の分野における平等の立場での人権及び基本的自由を認識し、享有し又は行使することを妨げ又は害する目的又は効果を有するものをいう。
この人種概念からいけば、天皇陛下(および皇族)を戴いている日本政府(及び国民)はすでにヘイト=人種差別だなぁ(笑)


特に論争的に意味がない

[PR]
大庭健「共生の強制、もしくは寛容と市場と所有」現代思想vol22-5
「自由とは、そこからズレることだからである。「リベラル」という形容詞が、「寛大」とか「度量の広い」といった意味で用いられてきたのは、主としてこの文脈においてである。
 自由主義・リベラリズムのこの顔は、多数派の一員でありつつ「寛容」であらねばと感じた知識人によって体現されてきた。このことは、必ずしも対等な立場の間での理性的な相互承認として根付いたのではないし、さりとて少数派が遮二無二制度化したものでもない。リベラリズムとは、多数派でありつつ異なる声に少しだけ敏感だった知識人の思想として始まり、そうしたものとして定着したのである。
 そして、そのことは、論理的必然でさえある。少なくとも「寛容」の本旨が、異なる価値を奉じて生きる者たちを、自分達と対等な権利を持つメンバーとして遇する、ということであったかぎり、寛容とは、多数派がとる・とらない態度なのである。多数派によって貶価され否定される価値を奉じ、そのゆえに不利益・迫害をこうむってきた少数派にとっては、「異なる価値を尊重する」ということは、多数派の価値を尊重することに他ならず、彼らによる迫害を尊重する(!)に他ならない。かかる少数派にとっては、論理的に言って「寛容」が出る幕はない。この点からすると、靖国合祀は信教の自由の侵犯だという訴えにたいして「多数派の信仰に対して寛容であれ」という判決を下した日本のの裁判官たちは、人類の政治思想史に実に独自の、まことにニッポン的・没論理的な貢献をしたのであり…(140-1頁)」
 「リベラリストが、個人の自由の尊重の問題は寛容で片づくと思ってきたのは、自分が多数派の一員であることを都合よく忘失したか、あるいはもう捨ててもいいと思う価値に限って寛容を発揮したか、そのいずれかであることが多い。前者であれば、あまりにも軽率だし、後者であれば、あまりにも狡猾である。狡猾である、とは他でもない。これはもう手放してもいいと判断して異なる価値観に譲歩したとき、そこには、代わりに(いち早く!)これだけは手放すまいと改めて握りしめなおしたものがあるのである。」(143頁)

それにしても大庭は庶民(多数派)に聖職者のような生活をせよ!とでもいうのか?
[PR]


日本の核武装は
まず国内がダメ 仮に国内がよくても(そんなことは未来永劫ないかもしれないが)、さらに高く強固な壁…それが周辺諸国…米国、中国、韓国、北朝鮮他 がゆるさない わけても米国の情報戦(インテリジェンス)は巧妙で、日本なんか下手に情報化社会であるから、とても太刀打ちできまい…
このような事情からすると、少なくとも今の日本にとって核武装は空理空論であり、
サヨクのハンセンヘイワとたいした変わりはないとおもうんだけど…
でもこれじゃだめなんだろうなぁ
さて、どうしたらいいものか…??
それはまたあした…
[PR]

北朝鮮に核を落としてほしいような不謹慎な発言があるが…さすがに落とされれば日本の人たちも改心してくれるとでも思ってるようである…そんな甘い観測がなぜできる…
71年前に2回も落とされた国であることを忘れているんじゃないかなぁ
その結果 いまであることを 前提に考えた方がいい
[PR]
TOKYOMX表現者連動企画 「アメリカ帝国大混乱!!!」 伊藤貫?西部邁 - YouTube


すさまじきものにして見る人もなきブログ!
じゃぁだからといって、それを変えるために、
世界帝国米国さまと、
もう一回戦争するかってわけにはいかないんだから…
結局、この問題に解決はない
他国はどこも信用しない
千年ぐらいテキトーが一番じゃねッ(笑)
それまで国がもてばいいけど…
ワシってやっぱ愛国者?…(笑)
そういうと、上の動画のような人たちが
自主憲法、独立、核武装とか言い出すんだよねぇ…
「それなのにアメリカ依存症患者はわかってくれない!」
でもワシは、そんなことは現実を預かっている多くの人たちは、
口には出せないけど、わかってるんじゃないかなぁ(根拠ないけど(笑))
だって現実にはなんにもできない…
原発問題(原発の放射能には敏感だけど、外国から降ってくる放射能には想像力ゼロというのがおかしい)ひとつ解決できないような国に
核武装なんて
あさってのことでしょう
安保法案通すのにすったもんだ
米軍さまにおんぶにだっこ頭脳(米国依存症)で基地問題
思いやり予算がどうとかこうとか
こうやって見ていくと、伊藤さんがいうように
国民の無自覚な米国依存症は ほぼ末期だと思える
そんな現状で…独立
(笑)
たしかに、アメリカ帝国は衰えを見せ始めている。
だからといって、現在も強大な世界帝国アメリカというのは間違っていない。
なんのプレザンス(あるのは経済だけ)もインテリジェンスもインフォメーションもない、要するに「米国に守ってもらうしかない「半国家」」(佐々淳行)の日本が、独立したところで、飛んで火に入る夏の虫みたいに、またWW2の再現、米中に挟み撃ちされて、やられるだけなのは目に見えているじゃないですか(ていうか2大国に挟まれて両国にテキトーに煽られて、大規模な戦争なしに衰弱死する可能性のほうが高いですけどねぇ、ていうかそれ待ちだろ)。
伊藤さんも、この現状では処方箋を示していない。

遡上にのせてる親米さんのほとんども
前段の固い現実の前では 理想論だけでは
立ち向かえない そう観念してるだけのような気がする
アメリカの衰退を見越して、そういう用意を怠らないというのはわからないでもない。
だからこそ…(国民の理解も深まらない)いまは…
利用したり 利用されたり(下手したら殺すか殺されるかって現実)
共存共栄というかたちで、テキトーに時間をかけるしかない
みんなその現実の中(自分の持ち場)で戦うしかない。
ていうか、みんなそうやって戦ってるんじゃないかなぁ。
ワシはそう思う <カメダ家のおやじさんか?


[PR]

やっぱ日本が大戦中悪いことをした国だっていう…そういう世界のオーダーが変わらないことには、これからもオヒレハヒレつけて言われ続けるだろうねぇ

戦後、主に米国が中心になって負けた国が悪いっていうことを全世界に向かって大宣伝して教育してきたわけだから。それがデファクト。しょうがないねぇ。
戦争に負けたということは、そういうことなんだから。しょうがねぇ

じゃぁだからといって、それを変えるために、
世界帝国米国さまと、
もう一回戦争するかってわけにはいかないんだから…
結局、この問題に解決はない
他国はどこも信用しない
千年ぐらいテキトーが一番じゃねッ(笑)
それまで国がもてばいいけど…
ワシってやっぱ愛国者?…(笑)
[PR]

国家を考えてみよう (ちくまプリマー新書)

橋本 治/筑摩書房

undefined


「ちゃんと考えるだけの頭を持たなければ、ちゃんとした政治を支えることはできません。ちゃんとしした判断力をもたなければどうなるのでしょう? 「民主主義はバカばっかり」と言われる、その「バカ」の一人になるだけです。
 はっきりしているのは「大切なことはちゃんと考えなければならない」──これだけです。
 ちゃんと考えたって、そうそう簡単に、答えはすぐに出ません。でも、「大切なこと」は、ちゃんと考えて、うっかりして人に騙さないようにしなければいけないのです。」橋本治「国家を考えてみよう」
そう「民主主義はバカばっかり」…
たとえばワシなんかいくら考えても…バカはいくら考えてもバカだからバカだといわれる…バカの壁
よっしゃぁどのみちバカだから考えるのやめるか…だってひとりでなんもなしにいちから考えると、とうぜん他人とはズレるし…みんなとズレるのは恥ずかしい…空気読めてないって言われちゃう…じゃぁそういう同じ思考停止のバカとしてまぐわってるほうが「楽しいじゃん」…となるのがバカですし…
 バカは構造的であり、ほぼ物理的な違いですから、橋本さんがいくら「うっかりして人に騙されないように」とかいっても、すでにそんな文句に騙されているのがバカなんです。だいたい詐欺に引っかかるひとは、自分だけは詐欺なんかに騙されてないぞと思っているひとだそうですヨ。
 だから、やっぱバカはダメですネェ。
 それで、賢くなって賢い政治をやればいいじゃないかと思うバカは昔から多くいて、そのバカに悩んだ結果生まれたのが民主主義なんですよ。これは歴史的にそうなんです。
 たとえば、プラトン(賢人政治)や中世の神(神聖政治)とか近世の啓蒙…近代のノーメンクラトゥーラ(社会主義)他…賢い政治をやろうとしたんですが、やっぱ無理だった…
 なぜ失敗したか?それは簡単に言ってしまえば、みんな誰かのロボットにはなりたくないからでしょう。それらが決めた目的が、その社会で論理的に非のうちどころのないものだったとしても、目的が決まりきってる社会では、みんな目的に向かってロボットのように生きるしかありません。そんな社会、生きていて面白いわけないじゃないですか?
 そんな社会より、最小限の約束で、ちょっとぐらいバカができる自由(愚行権)のある社会のほうが、ずーっと生きやすいでしょう。
 だからバカに合わせた社会=民主主義社会
 民主主義社会は、みんなバカなんです…バカで良いんです
 すばらしき愚民社会(誰かの本のタイトルにありましたねぇ)
 問題が起こるたびに、バカ同士、みんなで話し合って解決する それが民主主義。

 めんどくさいですが そのほうが 永遠とか 絶対 とかよりはいいと思います…前段でいったような原理主義(強い合理主義も)はながつづきしません
 だから、そうやってその都度その都度、ちゃんと考えること、それが橋本さんが言いたいところなんじゃないかと思っています(知りません、この本まだ読んでないです)
 みんな不完全 みんなバカ バカでケッコウ!

 政治の始原は、よく司法権にあるとかいわれてますが、
 神の完全で永遠な裁きにかわって、民主主義社会になると不完全でバカな人間が行う世俗的で暫定的な裁きになった(死刑廃止論も根がそこらあたりにもあるんですが)。けれど、不完全でバカなワシらからみたら、なにがなんだかわからん天上のコトバ(価値)で異端審問で殺されるよりはいいと思いませんか?

さあて バカって何回言ったでしょう?
[PR]