「火星の人」でいいだろ
例によって、やらかし邦題

ネット上で有名になったひと
Andy Weir
しかし、原作は読まなかったなぁ…

映画いいねぇ…
とにかく絵がキレイだ。
船内・船外の無重力表現も秀逸
ラストの船外は芸術性高い

孤独、火星、閉鎖空間…植物学者、サバイバル
ドラマはサバイバルメインです
サバイバルも変に重苦しくなく、じゃがりこ食ってでも4年間生き延びます(笑)…
みたいな悲喜交々なヒューモアタッチです(コメディと揶揄する人もいるけど)
昭和のジジイしては、
寂寥とした火星(閉鎖空間)の風景にボッチっていうだけでオトコのロマンで胸アツ

Sean Bean に Chiwetel Ejiofor と
有名どころの人も脇役としてビミョーに頑張ってるけど…
やっぱ Matt Damon の映画って感はあるし…
重いテーマのsfというよりも、エンターテイメント重視のsfって感は否めない

ワシは…救いようない(滅び系)エンディングが好きな方だけど
これはこれで…といいたいところだけど
エンディングの説教シーンはすべてがだいなしになるぐらい糞蛇足すぎ。
絶対に要らない!
船外の抱き合ったシーンで終わるべきだった…

[PR]

パーク・ライフ

吉田 修一/文藝春秋

undefined

単行本「パークライフ」に所収の短編。

ものすごく入り込みやすい。
こんなに簡単に読者を「催眠」にかける書き手もめずらしい。

ある事情から結婚して間もなく九州から東京へ移住就職した若い男性の物語。
ブンガク青年然とした大卒ニイちゃんの「パークライフ」とはうって変わって、
…いわゆる男の単純肉体労働の(ほぼ)ブラックな会社を舞台にし、
主人公のキャラはイナカ、素直従順、低学歴、筋肉、ちょっと骨太な感じの…
ガテン系アンちゃん…そういう方面のひとは…
感情移入がしやすいと思う。

そんなクリエイティビティとはまったく縁のないささくれだった世界で
男たちは…生け花を「生ける」
「花の数だけ、人には感情がある」(p.131)

濡れた墓石、
台風、
飛び散った花びら
…祖母の死

切り取って
刺して
…砕け散っていく
我流の生け花…
なにをどうしたらいいのか…だれも知らない…
そんなオトコたちのカレイドスコープ…

[PR]

超人の哲学 (講談社現代新書)

田原 八郎/講談社

undefined

「異能の血のたぎりは、自らに我慢を強制しない。彼にとってのしごとは、異能の自然的衝動に忠実であることしかない。これは、我慢とか遊びとかいう文化的なことがらではなく、もはや自然的なことがらと言うべきであろう。」(193頁)
もう何十年も前ではあるが
後に世界GPに行った辻村猛君が、まだミニバイク時代、レース中、後ろについて走ったことがある。
一周走っただけで、天才だと思った。
メインストーレート(最高速)からの奥の深い右複合、1cノーブレ高速から2cから3cと引きずりながらの深いブレーキング→フルバンク、
ノーブレからのするどいs字の切りかえし、最終ヘヤピンのライン取り…
まえにいる彼(少年)の、なんと軽やかなことか…
「風」…そう思った…まさに「自然的なことがらと言うべき」走りだった。
自然から祝福されている走り
それに比べると、凡庸なオレの走りは人間が苦労しながら必死で走っている。
我慢と強制…自然さがまったくない…
だけど オレは 「こんな小僧に負けてたまるか!」
ひっしで3周ぐらいくらいついていった
メインストレートから1c2c3cブレーキング・フルバン
「抜いてやる」
と思った瞬間…
フロントがなくなった
からだがクラッシュパッドのすきまにジャストにはさまって
息ができなくてくるしかった…
ちょっと思い出した…

[PR]
芥川受賞作を読むのは20年ぶりぐらいかなぁ…
平野さんの「日蝕」をさわりだけ読んで以来。

ワシ、ブンガクとは縁もゆかりもない(ヤンキー、バイク、ディスコ…)生活を五十代半ばまで過ごした関係上、
どうもねぇ永遠の文学青年特有のあの暗さとか、しちめんどくささが…どうもだめなのねぇ
まだkppの「にんじゃりばんばん」のほうが分かるタイプ
ブンガクという文字だけでロマンを感じれる人はそれでいいんでしょうが…
そういう方面のロマンは、ほぼゼロなので…結局、小説が面白いかどうか…エンタメ度が基準

さすがに二千年代の受賞作となると、サクサク読めます
特有の暗さ、めんどくさい性格のキャラ設定も若干はありますが…まぁ受忍できる程度

設定が都内住みでそこそこのリーマン青年が、
ふとしたきっかけで知り合った謎の女性と公園で会うようになり…といった話
「紙兎ロペ」のアキラ先輩臭の近藤パイセンがいいダシをかもすと、
とっちらかった母&父、知人の愛サル、ひきずったまんまの恋、…謎のスタバ女との出会い…
そして…フーセンおじさん…
ドラマは…スタバ女と名前もしらないまま…別れるシーンで
ぷっつり終わってしまう…
失われた光源…
そして、僕の心に一枚の日光写真だけが残される…
そう、その写真には
フーセンに乗って俯瞰した公園が…
…箱庭型人生ゲームが…
さまざまなシムが
またそこでシムたちは、出会い、別れるんだろう…
そして彼女の名前も知らないまま死んでいくんだろう…

[PR]

凍える牙 (新潮文庫)

乃南 アサ/新潮社

undefined

凍てついた東京の夜に…読みたい…
(ミステリーと言うよりも)オンナ刑事もの。

ガジェットが バイク、女性、お犬様とくれば …これは読まない手はないなと思い読みました。
平易でイメージしやすく、テンポのいい場面展開、ロケーションがすばらしい。
緊張感の描写が秀逸…殺害の瞬間の序破急や…特に印象的なお犬様との対面の緊張感ある描写……
すらすら読めます。

ただ、ハナシが決定的に面白くない(ここらへんは当時の雰囲気もあるし、私が男性であることもかかわりがあるかもしれませんが…)。
やすっぽい2時間ドラマを見たなぁって感じで…(これは良い意味でも悪い意味でも)
かつてバイク乗りだった拙者は、チェイス&ハードボイルドシーンを、特に期待して読んだのですが…
ヨンフォアーでお犬様追跡とか…まじで??…
オフローダーか(せめてFTR)…コナーでカウンタステアー/アクセルターン、レインボーブリッジから天王洲までスーパージャンプとか(ジョーダンですよ笑)
とにかくセクシー&ゴージャス系オンナデカのドハデライディングを、勝手に盛り上がって期待していたもんですから…

また、1996年という時節柄もあったのでしょうか、
女主人公がオトコ社会のなかで「女性」を意識過剰気味で…
なんか「女性」であることに酔うような…くどさが…(ここらへんが逆に女性読者にとってはいいのかもしれないけど)
そのせいか、この小説はエンターテイメント小説に欠かせないオンナ性を封印してしまってるんですよネェ(ワシ視点だけど)
要するに、まったくさっぱりお色気がない
人殺しエンターテイメント小説なら…
オンナ、唄、非行(犯罪)、酒、ハードボイルド(アドヴェンチャー)、ロマン(ファンタジー)、絶望(希望)
そしてぬくもり…
どうせなら、一通りぜんぶ楽しみたいじゃないですか?
殺人犯の捜査という、かさかさした砂漠のような人間関係のなかにこそ、
オアシスが必要なんですよ…

でも読み物としての完成度は高いですし、
東京住みならロケーションはたまんないでしょう…

[PR]