タグ:リベラリズム ( 10 ) タグの人気記事

蓮舫さんの場合「鬼の首でも取ったように他人の失敗を叩く」風儀を助長するような政治家だったので、
このようなことになったのかもしれませんねぇ。
ま、蓮舫さんのことはともかく、やっぱり内田さんがおっしゃるように
「失敗を認めない…失敗を叩く」風儀が蔓延してる社会はたしかによくないとわたしも思います。
よく日本社会は、一度落ちこぼれると、二度と這い上がれない社会だと言われます。
大手企業(採用状況)を見ても、そういう状況の一端を伺い知れます。
ただ、こういう状況になったのは、急速なドラスティックな変化でなったというよりも、もっと長い年月をかけてそうなってきたという気がします。
かつて堺屋太一さんが古来日本は「物不足-人余り文化」だったとかおっしゃっておられました。
人間過剰、人間使い捨て社会
武士の社会もせんじ詰めれば一種のドレイ文化だというひとがいます。
人間も物件のように扱う(カントは怒るでしょうが)…
物件のように扱われても、常に主人に忠と義で尽くすのが日本人=ドレイの務め…
一つの伝統文化と言って良いかもしれません。
むかしは、それでだれも疑問を持つ人がいなかった。
しかしいまは物は過剰だし、情報化社会…
どうしても欧米と比較してしまう。
向こうはキリスト教、みんな原罪で赦しの文化ですネェ
ごくざっぱくいうと
愛の文化VS忠義文化

まったく根本から人間観が違う…

まったく根本から人間観が違うのに
まったく根本からちがう人間・人生観で作られた経済制度や社会制度で、
日本人は、毎日のしのぎをしているわけですねぇ…
そりゃぁまぁいろんな齟齬が出ると思います…

たとえば自由主義(リベラリズム)…我が国の諸制度は米国のそれから強い影響を受けていることは確かです…これは失敗を認める制度です。
自由競争によって格差はできるけど全体の(経済の)パイが大きくなって、
結果的にみんなにとっていいんだ…
それによる格差も徴税によって再分配して、国民(負け組)の再競争を促し、さらに発展…
だからみんな失敗を恐れずにじゃんじゃんチャレンジして…競争しよう…
ところが日本では、なかなかそういうふうにはならない…
むしろ、この制度のせいで(再分配で(世代間他)格差が広がるという)…事態まで起こってしまっている
これはひとつは日本人がリベラリズムの大きな柱である「公正な競争」より、安定的な人間の関係性のほうを重視するからですねぇ…
人間観 人生観の違いから…うまくいかないんです
安定的な関係だから煮詰まってしまうんですネェ
ま 自縄自縛なんですが…ここら辺は差別心理と似てますねぇ
だからちょっとした失敗でも叩いて憂さを晴らしたくなる
のかもしれません…

日本の自生的な人間観、人生観をかなぐり捨てでも、
あちらの諸制度に適合的な人間観・人生観を持つか…
それとも日本独自のシステムを構築するか…
もっと他のオルトがあるか
ワシのような凡庸な老人にはわかりません…

[PR]
大庭健「共生の強制、もしくは寛容と市場と所有」現代思想vol22-5
「自由とは、そこからズレることだからである。「リベラル」という形容詞が、「寛大」とか「度量の広い」といった意味で用いられてきたのは、主としてこの文脈においてである。
 自由主義・リベラリズムのこの顔は、多数派の一員でありつつ「寛容」であらねばと感じた知識人によって体現されてきた。このことは、必ずしも対等な立場の間での理性的な相互承認として根付いたのではないし、さりとて少数派が遮二無二制度化したものでもない。リベラリズムとは、多数派でありつつ異なる声に少しだけ敏感だった知識人の思想として始まり、そうしたものとして定着したのである。
 そして、そのことは、論理的必然でさえある。少なくとも「寛容」の本旨が、異なる価値を奉じて生きる者たちを、自分達と対等な権利を持つメンバーとして遇する、ということであったかぎり、寛容とは、多数派がとる・とらない態度なのである。多数派によって貶価され否定される価値を奉じ、そのゆえに不利益・迫害をこうむってきた少数派にとっては、「異なる価値を尊重する」ということは、多数派の価値を尊重することに他ならず、彼らによる迫害を尊重する(!)に他ならない。かかる少数派にとっては、論理的に言って「寛容」が出る幕はない。この点からすると、靖国合祀は信教の自由の侵犯だという訴えにたいして「多数派の信仰に対して寛容であれ」という判決を下した日本のの裁判官たちは、人類の政治思想史に実に独自の、まことにニッポン的・没論理的な貢献をしたのであり…(140-1頁)」
 「リベラリストが、個人の自由の尊重の問題は寛容で片づくと思ってきたのは、自分が多数派の一員であることを都合よく忘失したか、あるいはもう捨ててもいいと思う価値に限って寛容を発揮したか、そのいずれかであることが多い。前者であれば、あまりにも軽率だし、後者であれば、あまりにも狡猾である。狡猾である、とは他でもない。これはもう手放してもいいと判断して異なる価値観に譲歩したとき、そこには、代わりに(いち早く!)これだけは手放すまいと改めて握りしめなおしたものがあるのである。」(143頁)

それにしても大庭は庶民(多数派)に聖職者のような生活をせよ!とでもいうのか?
[PR]
日本人伝統の価値相対主義は…リベラリズムの寛容とつながっているし

「公」の考え方は(危険な部分を取り除けば)、リベラリズムの帰結考量的な自由とつながっている
(ちなみ日本の伝統的な「公」と、いわゆる public は、まったく別もの)

この二本柱さえあれば(あとの啓蒙なんちゃらは、日本の場合どうでもいいでしょう)

つまり
戦後日本人はすでにしてリベラリストなのである(笑)
笑っていいのか 泣いていいのか
迷っている あ・な・た
笑っていいのである(笑)

「…大体が人間性というものは、馬鹿げていて、悲しいものですよ。しかし、もし人生が君に寛大ということを教えたならば、人生は泣くことよりもむしろ笑うことの方が多いのがわかるだろうと思いますよ」サマセット・モーム「この世の果て」

リベラルの定義 : すさまじきものにして見る人もなきブログ!

[PR]

だからアメリカやそのほかのリベラルな国では経済成長最優先なわけで
だって競争の正当性(正統性)がなくなるわけだからネェ
国民になんていわれるかわからないもの
ところが
G5のなかで日本だけが、経済成長が停滞局面に入ったときも
景気悪いとか さてどうするとか論評はあったけど
そういう競争の正当性(や公正さ)の方面から批判する人が
ひとりもいなかった(いたのかもしれないけれど)
びっくりしたねぇ
まさにあれだよ
萱野稔人さんがいう「ルールへの服従を自己目的化した、日本社会の弱さ」
この国では国民はドレイのように文句もいわず競争(シゴト)することだけが目的
当たり前だと思ってるんだなぁ
そのとき思ったネェ

[PR]


まとめると
「帰結考量的に公正な競争主義」だろ
あとはそれにいろんなもんをくっつけていうひとがいるだけ

だからリベラルで保守がいても
保守でリベラルがいてもおかしくない
もちろんそんなもんでなくてもぜんぜんいい
っていうか

與那覇潤さんがいうように「要するに戦後日本というのは、「反ナショナリズムが自由主義の代わりをしないといけない構造」だったから。左翼が反ナショナリズムを掲げるというというのが本来ヘンだったということはわかります、再分配を強化するにはナショナリズムが必要なのだから。」

ナショナリズムというか、その集団に、ある種の一体感がないことには、他者への(みんな一緒(平等)的な)適度な配慮なんてできるわけがない


リベラルな競争は起こらない : すさまじきものにして見る人もなきブログ!

[PR]
民主主義政治はそもそも愚民政治
愚者で良い
愚民万歳!
愚者は体験に学ぶ

賢者(プラトン)は判例(歴史)に踏襲ばっかだが
愚者(民主主義)は体験に学ぶ
やっほー!
井上達夫さんを 法哲学の
最強師匠に認定!

[PR]
22分ごろ

たぶんその石川なにがしという先生も
護憲ムラの大本営(クランキーコング)に言わされてるだけだよネェ
かつての旧日本兵のように、立場上、しょうがないんだよねぇ けっして本心じゃないんだろう?
ワタシは信じたい

[PR]


レギュレーションにかなり問題があるために再競争が起こりにくい
それには、ちゃんとした理由がある。
日本人が上から下までリベラルな公正な競争より安全、安心、安定が一番だと思っているからである。
そこに高齢化社会が拍車をかけ…
とくに(稲葉振一郎さんの表現を借りるならば)勝ち逃げに走りたいヘタレ中流なんかが主流だとしたら、そうだろう

そういったミクロな既得権益の総和が生-権力の基本的な核であって、
旧来の左翼のような国家権力を批判すれば、それでいいみたない図式は
無効ではないが…有効でもないのは明らかだろう

[PR]

ナショナリズムの現在――〈ネトウヨ〉化する日本と東アジアの未来

小林 よしのり,萱野 稔人,朴 順梨,與那覇 潤,宇野 常寛/PLANETS

undefined


與那覇潤「要するに戦後日本というのは、「反ナショナリズムが自由主義の代わりをしないといけない構造」だったから。左翼が反ナショナリズムを掲げるというというのが本来ヘンだったということはわかります、再分配を強化するにはナショナリズムが必要なのだから。」


[PR]
自由主義について
むずかしい本がたくさんがあるが
ボクみたいな、頭の悪いシロウト(在野)でも、
新書&文庫でなんとかお勉強したいひとにうってつけの一冊といえば

藤原保信「自由主義の再検討」(岩波新書)

この方面では定番、お手本、すでに教科書といって良いくらいの良書。
難しいことも新しいことも一切書かれていないが
基本中の基本といえる点が、分かり易く書かれている。
なにはともあれ読め!のヒトコト!
新書に、これだけの幅広い内容をバランス良く短くまとめる手さばきは、
さすがプロ中のプロ。
脱帽!

はっきりいって、政治で自由だなんだと論じる人は、
少なくともこれぐらいは、ちゃんと理解できるまで、お勉強してホスイ~
なあんてなぁ~(笑)

以下は、新書で、いくらなんでもこれだけは最低限読んでおいた方が良いと思う自由主義関連の本。
(手に入れば、雑誌「現代思想「リベラリズムとは何か」vol.22-5」(青土社)も必読)

高島 善哉:「アダム・スミス」岩波新書 青版 674
基本。

伊藤光晴:「ケインズ―“新しい経済学”の誕生」岩波新書
基本。

岩田規久男:「 日本経済を学ぶ」ちくま新書 (512)
基本。
哲学とは関係ないが、初心者がまず経済学を知るのに適してる。
むずかしいことは書いてない。

間宮 陽介 : 「ケインズとハイエク―「自由」の変容」中公新書
面白い。

西部邁:「 経済倫理学序説」中公文庫
ケインズとヴェブレン
昔懐かしい西部さんの本

根井雅弘:「21世紀の経済学―市場主義を超えて」講談社現代新書 (1451)
分かり易い。面白い。

竹内 靖雄 :「経済倫理学のすすめ―「感情」から「勘定」へ」中公新書」
クソダジャレとは違い、面白い。

森村進:「自由はどこまで可能か―リバタリアニズム入門」講談社現代新書

入手可能なら、雑誌「現代思想「法人資本主義」vol.21-13」(青土社)特に馬場宏二、岡崎哲二、奥村宏などの話も……

興味がわいて
リースマン、ボードリヤール…栗本も読んでもいい

仲正昌樹:「「不自由」論―「何でも自己決定」の限界」ちくま新書
ハーバマスとアーレントの対比が白眉な良書。
人間-人=文主義を貫く硬派な芸風は、(ボクとは違うが)多少共感する。

関廣野:「民族とは何か」講談社現代新書
近代国家とはなにか?、考えるうえにおいて読んでおいた方がいい。

山岸俊男:「社会的ジレンマ―「環境破壊」から「いじめ」まで」PHP新書
いまはゲーム理論的な考えも……少しは頭にいれておいたほうがいいかも…

とにかく、
それらを読んだ後、
再度
藤原保信「自由主義の再検討」(岩波新書)
これを読んでもらいたい。

上記各書を読んで、稲葉振一郎近刊の「資本論」を読んでも遅くない。

特にコミュニタリアニズムについては、イデオローグ本を読んで、早合点しないように……と思う。
「あわてることはない」(ウィト)

コミュニタリアンの議論(菊池本など……)は、それからでも全然遅くないと思う。

それにしても、センの影響ってのは大きいんだなぁ~
と思う今日この頃。
(といっても、オレには、なんのカンケーもねえけどさぁ(笑))


今夜は
mariana feo でも聴くか~
[PR]