タグ:大庭健 ( 12 ) タグの人気記事

大庭健「共生の強制、もしくは寛容と市場と所有」現代思想vol22-5
「自由とは、そこからズレることだからである。「リベラル」という形容詞が、「寛大」とか「度量の広い」といった意味で用いられてきたのは、主としてこの文脈においてである。
 自由主義・リベラリズムのこの顔は、多数派の一員でありつつ「寛容」であらねばと感じた知識人によって体現されてきた。このことは、必ずしも対等な立場の間での理性的な相互承認として根付いたのではないし、さりとて少数派が遮二無二制度化したものでもない。リベラリズムとは、多数派でありつつ異なる声に少しだけ敏感だった知識人の思想として始まり、そうしたものとして定着したのである。
 そして、そのことは、論理的必然でさえある。少なくとも「寛容」の本旨が、異なる価値を奉じて生きる者たちを、自分達と対等な権利を持つメンバーとして遇する、ということであったかぎり、寛容とは、多数派がとる・とらない態度なのである。多数派によって貶価され否定される価値を奉じ、そのゆえに不利益・迫害をこうむってきた少数派にとっては、「異なる価値を尊重する」ということは、多数派の価値を尊重することに他ならず、彼らによる迫害を尊重する(!)に他ならない。かかる少数派にとっては、論理的に言って「寛容」が出る幕はない。この点からすると、靖国合祀は信教の自由の侵犯だという訴えにたいして「多数派の信仰に対して寛容であれ」という判決を下した日本のの裁判官たちは、人類の政治思想史に実に独自の、まことにニッポン的・没論理的な貢献をしたのであり…(140-1頁)」
 「リベラリストが、個人の自由の尊重の問題は寛容で片づくと思ってきたのは、自分が多数派の一員であることを都合よく忘失したか、あるいはもう捨ててもいいと思う価値に限って寛容を発揮したか、そのいずれかであることが多い。前者であれば、あまりにも軽率だし、後者であれば、あまりにも狡猾である。狡猾である、とは他でもない。これはもう手放してもいいと判断して異なる価値観に譲歩したとき、そこには、代わりに(いち早く!)これだけは手放すまいと改めて握りしめなおしたものがあるのである。」(143頁)

それにしても大庭は庶民(多数派)に聖職者のような生活をせよ!とでもいうのか?
[PR]
大庭健「共生の強制、もしくは寛容と市場と所有」
自由主義をめぐる一断想
「自由主義を、専ら社会主義との対比において考えようとするならば、「権利」と「帰結」という相当に普遍的な二項対立のもとで事態を整理するのが、最も好便な出発点となる。例えば、こうである。どんな人も自由も尊重するという自由主義は、「権利」に着目するのか「帰結」に着目するのか、それに応じてふたつに分岐するし、せざるをえない。一方では「ある人が結果的には別の人を蹴落としたとしても、蹴落とされた人も自由に行為したのだから、結果を盾にして社会だの国家だのが介入してくるのは個人の自由の侵害だ」と主張する、権利至上主義的な自由主義──リバータリアン。
他方では、「ある人の自由が、結果的に別の人の自由を、その人のせいにできない仕方で阻害するのであれば、前者の自由を規制することこそが、個人の自由を尊重することである」と主張する。帰結考量的な自由主義──リベラリズム。この両極への分解である。
 自由主義は、歴史的にみても、不断にこの両極の間で大きく振れてきた。しかし、かかる一般論だけをもとにして、自由主義を単に社会主義の対立項としてのみ考察するならば、もっと目の粗い論法へと滑っていくことになる。例えば、こうである。自由主義の、かかる両極分解は、しょせん西欧先進国でのコップの中の嵐でしかない。それらは、遡ればレヴェラーズ・ディッカーズ、デカブリストからナロード・ニキの、そしてエスエルからクロンシュタットの、そして……といった、自由な共生の夢ゆえに血糊に足を取られつつ人の頭をカチ割ってきた歴史の中の、超マイルドなエピソードでしかない。従って(?)右のような英米式の自由主義の分岐は、むしろマルクスの今日的切迫性をこそ示しているのであって、云々。しかし、かかる論法で話をまとめてしまうならば、丸山を「自由主義の最良の血統」と認めて対峙した梅本レベル以前で終わることになる。」現代思想vol22-5
結果の平等志向の自由主義──リベラリズム…パヨク的というよりも…日本的に言えば、きわめてヒャクショー的な思考
そして、権利至上主義(働いたもんは絶対俺の物)的な自由主義──リバータリアン
ようは、カネモチ、権力者嫌いの平等思考の日本人が多いのか…
それとも、貧乏人、バカ、無能…嫌いの能力主義的な日本人が多いのか
それで変わってくるわけだなぁ(笑)

[PR]
理解の足りないおつむの弱い人間は、じぶんの「バカ」を覆い隠すために、
伝統的に「みんな一緒(同じ)」という、ちっぽけな百姓ブラクのような幻想(アイデンティティ)にすがって……

「みんな一緒」の妄想は、単に百姓ブラクの住人だけの専売特許じゃない。
しかつめらしく言われる「社会」だって、ひとびとの「社会」っていう言葉に対する「一般的信頼」っていう妄想がなけりゃぁ
だいたい「社会」っていう目に見えないもんが、成立することすら危うい(だから社会人はみんなヒャクショー(^Д^))。
ていうか、そういう認識(知識)すらも、このおなじフィクションが存在しなければ成立しない(「「認識(コネートウル)」という言葉は、もともと「共に(コン)・在る(エートウル)」という言葉」大庭健)
実在論も反実在論も……二階建ての妄想。

「みんな一緒」の妄想
それって、独我(懐疑)論に陥らないためのフィクション……??
イヤイヤ、独我論すらも……そのフィクションを必要としている…から
どうしようもないんだよね??(^Д^)

すさまじきものにして見る人もなきブログ! : 日本のアウトサイダーたち
[PR]
学問的だと云っては見ても( ^∀^)ゲラゲラ

<セクハラ>信州大准教授が女子大学院生に関係強要、妊娠 | エキサイトニュース

セクハラぐらいで妊娠するカヨ( ^∀^)ゲラゲラ
それってセクハラじゃなくて、さてはレイプオブナンキンタマスダレじゃあ?

世はまさに知的偏重社会……タレントおセンセの時代
もてるもんなぁ( ^∀^)ゲラゲラ

「大学という形で制度化された近代の《知》こそが、根源的な《権力》である」(大庭健)
「まさに、知は隷属を強いる力……」(大庭健)か……
あーあ

livedoor ニュース - ◎大阪教育大教授を逮捕=女子学生にわいせつ行為-大阪府警
元気あるなぁ~
[PR]

大庭健「善と悪」

いまだにNクン祭りか??
………あーあ。
Nクン嫌いはまことに結構なことではあるけど
結局、責任あるオトナ(健ちゃん)が、無責任なジコチュー幼児のNクンを、
「お互いさま」「おかげさま」「人間らしさ」で説教する(叱る)という図式は……
そこらへんの化石みたいな世間のオッサンたちとなんにもかわんない…
だいたい、その「人間らしさ」ってのが、たまんなくあやしいもんね…(笑)
「人間らしさ」って?ウンコを食べることですか?
獣姦することですか?
逆さ吊り天井亀甲縛りすることですか?
商品を作って地球を汚染することですか?
自分よりバカな人間を搾取することですか?
他人の物を盗むことですか?
正義の名の下に核兵器を投下することですか?……
あげくに、たくさんのチューブに繋がれて死ぬことですか?
……考えたことありますか??(笑)
独占欲、嫉妬、恨み、劣等感、優越感、虚栄心、好色、…(哲学)…
…「それらは全部、「人間」らしくない」って否定しますか?
もしかして、
安っぽいジャーナリストみたいに「「人間」不在の現代社会」を嘆いて、いまさら数百年前の「人=文」主義の「人間」の再建を…なんて言ったりします?…orz…( ^∀^)ゲラゲラ

なにが「人間らしい」のか
なにが「人間としての共生」なのか(59頁)
大庭(倫理学者)には、ぜんぶ分かっている……かのようだ( ^∀^)ゲラゲラ


**


ところで…
本書を、Dで読むと
世間のオカゲ(相互性)という
大庭はまさしく音声中心主義者か?
Lで読むと
ヘーゲルの作品としての「新聞を読む人間」
か?
どうかは読者諸賢の想像にオマケ…

民主主義や、いわゆる「サヨク」から、そこらのおっさんの床屋政談まで、
世間の「声」を聞かずにおれない……音声中心主義
そういうことからいうと、
それを批判的に見るDは反民主主義者か?…
ていうか哲学者は大同小異みなプラトニストでしょ?(w…
とかいって
Dをプラトニストにしてしまうのは、
ちょっと可哀想か?……( ^∀^)ゲラゲラ

エッ??
哲学なんかどれもみな陰謀史観みたいなもんじゃないか?
(´∀)ゲラ(´∀`)ゲラ(∀`)
どうかは
読者諸賢の想像にオマケする

**


大庭は、相互性を、
「自分がされたくないと思っていることは、他人にもしない」(「おたがいさま」「おかげさま」)みたいな……
もっぱら自分に都合のいい方向の相互性だけしか読まないが、
世の中、そんなに大庭の都合の良いことばかりで成り立っていない。
だいたい、相互性と言えば
やられたら、やり返せ!が…(侵略されたから、侵略し返せとか tit for tat )…人類史上もっともポピュラーな相互性だろう…(行為の相互性)…
それからいけば、
原爆を落とした米国に対して、日本国は原爆を落とすべき…とか
殺人者は、裁判など開かず(抗弁を与えず)、すべて死刑にすべき…とか?
そういう相互性はどうなるのだろう?

また、
この(「自分がされたくないと思っていることは、他人にもしない」という)標語を基にして、
世の中では、
「なぜヒトを殺してはいけないのか?」という問いに
「私は殺されたくない。だから、私は殺さない」
と答えるひとまでいる……
その相互性は、
「私は殺さない。だから、みんなも私を殺さないでくれ」
ということになるだろう……?。
「それでなにが悪い!?」
一見、なんの問題もないように思うかもしれないが、
例えば……下のような例は、どうなるだろうか?
「私は貧乏だ!
だから、みんなも同じだけ貧乏になってくれ」
「私は不幸だ!
だから、みんなも同じだけ不幸になってくれ」
「私は背が低い
だから、みんなも同じ背丈になってくれ(外科手術してでも)」
「私は死ぬ
だから、みんなも死んでくれ」
「私は失恋した
だから、お前も惨めになれ」
「私(40代ストーカー)が思う分、
君も私のことを思え!(これは親子、家族間でも言える)」
………
こういう相互性は、どうなのかなぁ??
認めなくちゃいけない?
むしろ、ほとんどの相互性を積極的に発動しないことで、世の中が成り立ってるんじゃないかなぁ~???
(共産主義や平等主義の蹉跌もここにある……のかどうかは……読者諸賢の想像にオマケ( ^∀^)ゲラゲラ)

道徳の時間 相互性の原理
すさまじきものにして見る人もなきブログ! : 共感の道徳
[PR]
解離性(スプリ)の性格とは……

大庭さん

大庭は、
その中核の思想として「(あくまで大庭の言う)永井-ネーゲル独我論」をあげて
そのような思考様式が
・「役割としての自分」と「本当の自分」
役割と自分とを切断してしまう……無益な「自分さがし君」に代表されるような今風の無責任なジコチュー性格を助長しているとしている。
しかも、驚くことに、大庭は、
アイヒマンや(日本の)戦犯、企業犯罪者などの
「あのときは、あーするしか(やくわり(役目)だから)しょうがなかった」
というような証言に着目し、
つまり、要は、役割と自分とを切断してしまう点で、
ネクラな自分さがし君やヒッキー&ニートと
戦争責任を回避する戦犯(あるいは政治指導者)や悪徳企業の犯罪者との連続性を説き、その社会的責任にまで言及している。
が、それは、いくらなんでも、飛躍しすぎだろう(イナバに「敵を間違えている」といわれる由縁でもある)。

そもそも独我論者にとって、社会の「役割」説なんぞは無意味なうわさ話でしかなく、むしろ独我論は素朴(社会的)な実在論と重なっているはずであり、自分探しなど無用の長物だろう(独我論世界に自分を探すなどナンセンス!?)。

「自分さがし君」に代表されるような
「役割としての自分」と「本当の自分」との違和とは、
「役割としての自分」と「本当の自分」とが重なってしまっていることからくる違和であろう。
逆にオウマー(狂信的信者)のように完全に解離していれば(そんな人間は存在しないと思うが)、違和が生じるはずもなく、他人をポワすればすむハナシである(つまり彼ら(オウマー)は独我論者でない)。

「自分探し」を起動してしまうような違和は、
重なってしまっていると思い込んでいるからこその違和であり、
だからこそ、
「役割としての自分」「本当の自分」という言(コト)分けが、彼らにとって重要なことなのだろう。

こういった傾向が若者に多いのは、社会に入っていく段階で、
不安が多いからだろう。
概して、そういう不安を抱えたヒトは過剰適応気味である。
結局、「自分探し」は、
「社会的な自己(役割)」を、彼らなりに引き受けようとする準備段階に過ぎない。
(永井的な言い方をすれば、すでに「オトナ(世間人)の予備軍」でしかない)
まともなオトナが、ヤンヤいう必要はなく、温かく見守ってやればいいだけだと思うのだが……。

鉄鼠 : ホントーの「自分」探し2 社会的自我
[PR]
大庭健「「責任」ってなに?」

イナバウアーの言う通りだと……


いやしくも世の中の変革を説くサヨクたるものが
自分さがし君や永井印独我論君…などの
製造物責任(危険性)なんか問うている場合じゃないでしょう……
そんなもん、世の中の変革に比べたら、どうってことないんじゃないの?
そういうインポなことしかいわないところが…サヨクの今日的……ネッ~

ちなみに、ワシに言わせれば、
旧態依然としたサヨクのどんな思想よりも、
中島の言ってることのほうが、革命的で、危険だと思うんだけどねぇ~( ^∀^)ゲラゲラ
[PR]
大庭健「「責任」ってなに?」


ほとんど香具師になりさがったなぁ

イナバウアー
が、あれだけ適切に指摘したにも関わらず…
性懲りもなく…


予期と裏切りとコスト
そういったコスト(リスク)説で行くと
監視カメラ社会は止められな~い~

「パノプティコンの比喩を使用して書き散らした人々は、まさにプチ・ブルジョアジーであった」((51頁)小泉義之)(^Д^)。


この戦後日本で、右翼やナチをこわがってるけど、
ワシに言わせれば、世間の「いい人」に比べれば、どうってことないと思うけど…。
だって、それらが恐いのは、
それが、いつだって(ひょっとしたらあなたたちみたいに)「いい人」(正義や真実のひと)ヅラしてやってくるからでしょう?(ガッコのイジメも然り)
(そこら辺をこの本はごまかしています)


大庭は、
役割と自分を切断した自分探しの解離性人格みたいのひとを批判しているけど(つうか、嫌ってるだけだけど(笑))、
むしろ、
自分探しをやってる人って
世界の平和、地球市民、人間の盾や、イラクの平和なんかに呼びかけて、いきなりメルヘン、ファンタージェンの世界にトリップしちゃう……「サヨク」思想なんかに傾倒してるひとのほうが多くないですか?
そこまでいかなくても、
ほとんど自分のこと(社会生活)もひとりでまともにできないひとにかぎって((社会のなかの)「自分」の生活からいきなり解離して)、
政治や社会問題、ゴシップ記事まで…
アンチ……、反……、反権力、反体制…判官贔屓…などなど
ガーガーピーピー…………「薄められたサヨク」のような図式で……
そこに権力によって雁字搦めにされた自分、歪められた自分を探し、投影して……
メディアでバッシングにうち興じているひとって多くないですか?(これはこれでメルヘン、ファンタージェンの世界へのトリップ)
(ちなみに、ボクは、それを「悪い」ことだとして倫理的に批判しようとは思いませんが…)


ミクロとかマクロとか
1/fのゆらぎに走るか~(笑)
もう止められましぇーん


あーあ
世の中、裏切りや逸脱が、あるから
おもしろいんだよねぇ~


因果の連鎖の説明は、
「説明」になってない。
(pp.80-4)


倫理学版GHQか
War guild information program!(笑)
「閉ざされた言語空間」(江藤)かプゲラ

閉された言語空間―占領軍の検閲と戦後日本


歴史、現状認識(分析)に関しては
中途はんぱな猪瀬直樹、松本健一……
歴史認識に関しては事実誤認が甚だしい。
仲正さんの本でも読んで出直して欲しい(笑)


責任は
呼応主体であり
「予期せぬ応答がもどってきたとしても、いきなりそのことをもって相手を非難しない」(p.27)
命令や強要ではないといいつつも……
戦後の日本の戦争責任の「予期せぬ応答」を叱るという
説教おじさんにありがちな…パタン。


呼応の関係では役割を認め、
自分探しでは
役割と自分の解離が問題だとして
役割説の弊害を説く。
だったら役割説を廃棄すればいいだけじゃん
役割説派なのか
そうじゃないのか?
はっきりすればいい
なにを言いたいのか
わけがわからん。
はっきりせい!
呼応の関係で
役割だの自分だの……と言ってるのは
あなたでは…
自縄自「爆」

※役割論
「立場をわきまえ、余計なことは考えない」として批判するが
ヤクワリってそういうもんでしょう?。ふつー。


そういうこと(全体論)で
道徳的主体で語ることに無理があるのではないかなぁ


自分探しは
オーサカのおばちゃんに訊いてみることを勧める


支援行為とはなにか!?
よ~く考えてみよう。

※呼応の関係
永井・小泉「なぜ人を殺してはいけないのか?」
この本で、小泉は
呼応の関係で、
まず「呼びかける人」がいかに暴力的かを説いていると思う…


鉄鼠 : 大庭健の好きなところ
[PR]

「前略~やはり昔あぁたが卒業論文で主張したように、”大学という形で制度化された近代の《知》こそが、根源的な《権力》である”ということになりますかナ。」
「──それは、そうですヨ。当然でしょうがァ。いまの学生たちがフーコーをどう読んでいるのかは知りませんよ。だけど、真理を追求する知の〈主体 sujet〉であるということは、真の知にかしづく sujet[=臣下]であることを自他に強制することだ、と。フーコーの、この認識は、大変な真理ですよ。まさに、知は隷属を強いる力なんですナ。」」(p.4)大庭健「はじめての分析哲学」


知は隷属を強いる力

「勉強」=勉(つと)めを強いる

「ちょっと、おっちゃん
このオタンコな~す
二本でなんぼ?」
「ほんならこんだけ!
 勉強しときますわ」
[PR]

「…前略…そうそう、若い時は、たいがい誰で(ワシ)もそうだけど、
そういうカッコヨク、オイシイ生き方(あるいは「思想」なんぞ)
を、(世間がダメだったら、小さなサークルのなかでも)とりあえず求める…ところってあるよなぁ~
~中略~
サヨクだろうが、プチなしょだろうが
そこのあなた!、そんなかったるいもんに~
高度資本主義が産み出す以上の快楽があると思えます?~」鉄鼠


以下は大庭からの引用

「前略~やはり昔あぁたが卒業論文で主張したように、”大学という形で制度化された近代の《知》こそが、根源的な《権力》である”ということになりますかナ。」
「──それは、そうですヨ。当然でしょうがァ。いまの学生たちがフーコーをどう読んでいるのかは知りませんよ。だけど、真理を追求する知の〈主体 sujet〉であるということは、真の知にかしづく sujet[=臣下]であることを自他に強制することだ、と。フーコーの、この認識は、大変な真理ですよ。まさに、知は隷属を強いる力なんですナ。」
「しかし、あぁたも、新入社員を迎えて社内教育でけっこう苦労している。そのときに、いくらなんでも”これから私は、真理の名において、君たちの生を寸断し調教して、知に隷属化させる権力を行使します”と括るわけにもいかないでしょう?」
「──ところが、それで済んじゃうんですよ。知識が、ここまで権力として浸透してしまうとネ、逆に、誰だってミニ権力者にはなれるじゃん、みたいな発想が強くなるんスね。なんせ今の若い連中ときた日には、”知識って、持っていれば、それだけ人に使われないで済むじゃん。だからアタシも知識を身につけて、おいしい生活をするんだわァ”。これで済んじゃうんスよ。いい、先生? ガッコ出たての女の子がですヨ、『世界経済なんたらかんたら』みた本を読みながら、赤鉛筆もって新聞の株式欄を読むんですよ。」
「まさしく「真」なる知とは、「強者の益にかなう」ものだ、と。しかし、それじゃあ、この社会の中で、”強い者になるために有用なら、何でもいい[anythinggoes]”っていうデカダンの世界ではないか。」
「──ところが先生、違うんだな、全く。彼女たちの「おいしい生活」への貪欲さは、絶対に先生たちの書斎の中みたいに、ニヒルっぽいデカダンに行かないのよ。いや分かりますよ、先生たちからすれば、”そのような「知恵」がはびこる世の中だからこそ、ホントの意味での「知をないがしろにしない」姿勢、つまり「哲学」が必要なのだ!”と言うんでしょ? 今年だって多分、教養の哲学の授業は、ソフィストの「知恵」対ソクラテスの「無知」の話からはじめてるんだ。でも全然ちがうんですよ、それは。「正義とは強者の利益」、「知識とは、そういう世の中でうまく生きる道具」。これでいいんですよ。でも、いい? だからと言ってデカダンになりはしないのよ。自ずとおいしい生活に向かう力への意志は、もっと生き生きとしてるんですよ。」
「おいおい、フーコー青年のニーチェ詣で、か? あぁたみたいな言いかたはは、下手すると、近代知を批判する言説をみんな束ねたあげくにだナ、”自ずから”成り行く”力”万歳、”ハイル・ヤーパン、ユーバー・アレス[世界に冠たる日本万歳]”の音頭取りになりかねないぜ。」
「──だから先生は、インポな「知の臣下」だっていうの。「知識とは、おいしい生活をうまく追求する道具だ」って言うと、すぐデカダンな頽廃と反発するし、「おいしく生きようとする力」と言うと、ニーチェすなわちナチという話に持っていって、紙魚だらけの抹香臭い部屋に他人までをも拘束しようとするのネ。そういう感性が狂っているとは言わないけど、カビの生えた《哲学》の世界での内輪話にしかならないよ。それじゃあ、あの娘たちの「おいしさ」志向には全然太刀打ちできないのよねぇ」(p4-6)大庭健「はじめての分析哲学」

全然太刀打ちできないのよねぇ~


はじめての分析哲学
はじめての分析哲学
posted with amazlet on 06.01.13
大庭 健
産業図書 (1990/08)
売り上げランキング: 249,954

[PR]