タグ:女性の社会進出 ( 4 ) タグの人気記事

<子ども手当>「所得制限を」社民と国民新 (毎日新聞社) | エキサイトニュース
所得制限導入で与党間に異論=子ども手当で-政府(時事通信) - Yahoo!ニュース

単なる子育て支援か、それとも少子化対策が本丸なのか
はっきりしない。どっちつかず。
ていうか、
はじめから少子化対策なんて、
ちょっとも考えてないような気が…
オカミの深謀遠慮??…

少子化を食い止めるには2人以上生まないと意味が無いと思うけど、
(そもそもこの設定に、今じゃかなり違和感があると思うのだが…ま少子化って言葉自体が、オカミやじぶんたちの都合で考え出されたものだけどね)
価値観が多様化した今の時代に、多少金銭的補助があるからって、結婚して子ども一杯(三人)生んで育てて、それだけで人生を幸福って思える「個人」がドンダケいるのか??疑問?。ていうか少子化の原因が経済説かどうか…がまず問題だろう(戦前の日本や発展途上国を見ても、経済説には、怪しい点がある)。

民主党によると
子ども手当のかわりに扶養・配偶者控除を廃止する方向らしいが…
「配偶者控除は、働く女性を差別し専業主婦を優遇する制度だ。この制度を残したまま、いくら「少子化対策」をしても、子どもは増えない。生き生きと仕事をしながら子を産み、育てられる社会の仕組みにしない限り、女性は子を産もうという気持ちになれないからだ。」小沢遼子(朝日新聞)

中途半端な女権論が一番タチが悪い。
フェミニズムによる女性の社会進出=専業主婦殲滅(「家族」の衰退)…主婦からも税金
けっきょくさぁ財政の苦しいオカミが、こういう調子の良い言説(スローガン)を利用して、取りやすい層(ところ)から取ろうとしてるだけ…こんなの(専業主婦家庭殲滅は少子化対策にあきらかに逆効果?)。

社会の仕組みのまえに、ヒトの仕組みがある…
ヒトの仕組みは、そんなに簡単に変えられない
出産・子育て・介護には…時間がかかる、手間もかかる
ヒトの仕組みが、そうなってんだもん。
変えられん。

子育て、少子化対策が、そんなに大事というなら、
出産・子育ては大事な国家事業であるとして、
子を持つ女性に一律最低500万円の年俸をあげたらいい。
(老人介護者にも、この方式が望ましい( ^Д^)ゲラゲラ)
そして、ゆっくり出産し、ゆっくり子育てしたらいい
女性って…そういう仕組みになってると思う…
無理に男性と同じ事をする必要なんてあるん?…

ま、そういう半分共産主義みたいなのがいいのか
競争して、国家や会社がいう「自己実現」とやら目指すのがいいのか
ワシにはわからんが…
オニババになりたいやつはなればいい



※たしかに、いまお子さんのいる家庭にに有り難いだろうが、子どもなんかあっという間に大きくなって、それからが長いのよ…トータルでみると損かも…
[PR]
「家庭に、いまだ親密性 intimacy という聖域が設定されているのは…
そこに社会という言葉の大きな蹉跌があるからか?」
すさまじきものにして見る人もなきブログ! : 女性の社会進出2

家庭(家族)ってもんが社会の基礎集団になっていること
これが(一部の)学者さんたちには気にくわない。
なんせそれを支える親密性は、「愛」…愛情とかいわれるものを核にしている
気にくわない学者さん的にいえば、そういう近代家族の「愛」は、
近代の妄想…→不条理で、不正義(不平等)で、非効率で、時には悪趣味ですらあるもの…
そんなもんが親密性(あるいは私秘性(私領域))を盾に、社会正義(要するに公権力)からの干渉を阻む(もちろん、そのためにおこる悲劇(問題)もたくさんある)わけで…
学者が考えるキレイキレイ社会とは相容れる筈がない。

それで学者さんたちは、
いままでの「家族」のあり方を弱め、衰退させ、あらた(オールタナティブ)な親密圏の設定っていう方向に…向かうわけだが…
そのことについては下記を…
親密圏と家族 (内田樹の研究室)親密圏と家族 (内田樹の研究室)

じゃ~近代家族…その親密性(旧い親密圏)こそ、諸悪の根源として
子どもは生まれたらすぐ、親元から離し、社会のサティアンに放り込み、国家の一括管理…
(結局、学者の考える社会・国家って全体主義ばっかなんだけど( ^Д^)ゲラゲラ)
そうすれば、学者に気に入られるような正義と効率の生きたロボット市民が大量生産できるのかもしれない。
[PR]
「女性の社会進出」って言葉
一般に、会社で働いたり
組織の中で偉くなったりすること…として
使われている……けど、
逆にいえば
専業主婦で家庭にいることは、
「社会進出していない」という意味でいわれている…ということになり、
その意味でいくと、家庭は「社会」ではないという意味になる…と思う?。
しかし、そんな物言いはホントに正しいのだろうか?
確かに家庭は「会社」じゃない。
だからといって「社会」ではないというのは…おかしくない?。
じゃ家庭はどこにあるのだろうか?
本来、「社会」って言葉の意味は、「人間関係の総称」っていうぐらいの意味で、もうちょっとひろい概念だろう。
その広い意味の「社会」からすれば、家庭(家族)は、いまでも、その基礎集団であるのは、間違いない。
だから、「女性の社会進出」は正しくは
「女性の家族外社会への進出」…
「会社社会への進出」と言うべきではないだろうか?

だから
「そういう言葉自体が、産業社会だけが社会であるというイデオロギーじゃないか!?」という見方もある。
なんでも会社(社会)じゃないといけない
会社(社会)の価値観と一緒じゃないといけないといってるような感じ…。

なぜワシラが
「家族外社会への進出」…
「会社社会への進出」するかといえば、
より高次の人間関係が、
つまり、より豊かな人間関係が、より豊かな社会を実現する
と信じられているからだが、
ホントに、そうなのか?…は…しらない。
家庭に、いまだ親密性 intimacy という聖域が設定されているのは…
そこに社会という言葉の大きな蹉跌があるからか?
しらないが…
内と外
ホンネとタテマエ
愛(attachment)と正義
人間とアニマル
バランス・アンバランス
まだ夢の途中…か?

「現代日本人は「世間の物差し」でもって人間を価値判断します。本書の冒頭にも述べたように、商品価値でもって人間を評価し、そして人間を選別するのです。その商品価値が「世間の物差し」です。
 ~中略~
 企業が商品価値でもって人間を選別するから、学校教育において子供の商品価値を高めることが教育の目的になってしまいます。”人材教育”なんて言葉がありますが、そこにおいては人間は「材料」にされているのですよ。おかしいと思いませんか。いや、おかしいと思わないからこそ、学校の先生が、
「きみたちは、自分を高く売り込める人間になりなさい」
 などと平気で言うのです。でも、商品として売られる人間は奴隷ですよ。そのことを忘れているのです、現代の日本人は。
 そして、学校教育が狂ってしまったから、家庭の子育ても狂ってしまうのです。親はわが子を商品価値の高い子に育てようとします。わが子を奴隷にしようとするのです。社奴・社畜という名の奴隷に。」64-5頁
「女性のうちには、セックスを商品にしているひとがいます。いわゆる売春婦がそうですが、本物の売春婦でなくても援助交際といった呼称でもってセックスを売っているアマチュア売春嬢もいます。
 また労働の対価として報酬を受け取るのが労働者です。労働者は労働力を商品にしています。
 昔は労働力という商品を売っているのはおおむね男性でしたが、男女共同参画型社会においては、女性までもが労働力という商品にされてしまいます。わたしなどは、なにもわざわざ商品になる必要はないのに、〈お気の毒だなあ……〉と思うのですが、当の女性のほうでは商品になったことを喜んでいるようです。どうにも解しかねますが、……」(14-5頁)ひろさちや「「世逃げ」のすすめ」
「商品として売られる人間は奴隷ですよ。そのことを忘れているのです、現代の日本人は。」


なあんだ~みんな奴隷じゃないか( ^Д^)ゲラゲラ
女性の社会進出→女性の奴隷進出って考えればいいのか
この本も商品として売られている奴隷の奴隷本。
[PR]
ヒトは、なぜ働くのか?

それは決して国家/社会のためではない?
今夜もまた
わし…耳かき王子

国家・社会・会社中心に見るか
家庭中心に見るか
自分中心に見るか

国家・社会・会社中心に見れば
家庭は単なる付属物
自分は単なる従属物
道具、物件…リストラ、ハケン
にしか過ぎない?

家庭中心に見れば
国家・会社なぞは手段に過ぎない
自分も手段?
自分中心に見れば
会社も国家も手段
家庭も手段?

生老病死…
さいごにじぶんを支えるのは
カネかキャリアか…名声か

ヒトはなぜ働くのか?

「社会」人として…オトナとして、親として、アコガレとして
転倒してしまうものの見方…

なんだか
幸福そうじゃない会社の成功者…
なんだか
幸福そうな専業主婦と子ども
( ^Д^)ゲラゲラ
他人の幸福は妬ましい…
法界悋気…無限奈落
[PR]