タグ:日本人 ( 5 ) タグの人気記事

戦中のことを書いたものは多いけど、
ホントに戦中に書かれたものは少ない。
終戦後に書かれたものは、少し割り引いて読むことにしている。
時代の雰囲気というものが陰に陽に作用からしているである…

坂口安吾は無頼派などといわれているが、
永井-谷崎に繋がるファンタジー小説家
まるで童話の世界…

安吾は戦中、ずいぶん退屈していたらしい…
「空襲下の日本はすでに文明開化のひもはズタズタにたち切られて応仁の乱の焦土とさして変わらぬ様相になっている。
供出といふ方法も昔の荘園に似てきたが、やつぱり百姓は当時から米を隠したに相違ない。原形に綺麗なものは何もない。我利々々の私慾ばかりで、それを組合とか団体の力で自然にまもらうとするやうになる。
 歴史の流れの時間は長いが、しかしその距離はひどく短いのだといふことを痛感したのである。行列だの供出の人の心の様相はすでに千年前の日本であつた。今に至る千年間の文化の最も素朴な原形へたつた数年で戻つたのである。
 ~中略~
 それにしても、これほど万事につけて我利々々の私慾、自分の都合ばかり考へるやうになりながら、この真の暗闇の中で泥棒だのオイハギの殆どないのは、どういふわけだらう、私の関心の最大のこと、むしろ私の驚異がそれであつた。最低生活とは云へ、みんなともかく食へるといふことが、この平静な秩序を生んでゐるのだと思はざるを得なかつた。又、金を盗んでも、遊びといふものがないから、泥棒の要もないのだ。
 働く者はみんな食へる、貧乏はない、といふことは此の如く死の如く馬鹿阿呆の如く平穏であることを銘記する必要がある。人間の幸福はそんなところにはない。泥棒し、人殺しをしても欲しいものが存在するところに人間の真実の生活があるのだ。
 戦争中の日本人は最も平和な、恐らく日本二千何百年かの歴史のうちで最も平穏な日本人であつた。必ず食ふことができ、すべての者が働いて金を得ることができ、そして、たつた一人のオイハギすらもゐなかつた。夜は暗闇であり、巡査は殆どをらず、焼跡だらけで逃げれば捕まる恐れはなく、人間はみんな同じ服装をして特徴を見覚えられる恐れもなく、深夜の夜勤の帰りで不時の歩行が怪しまれず、懐中電燈の光すら後を追うてくる心配がない。あらゆる泥棒人殺しの跳梁する外部条件を完備してをりながら、殆ど一人の泥棒もオイハギも人殺しもなかつたのである。それで人々は幸福であつたか。つまり我々は虚しく食つて生きてゐる平和な阿呆であつたが、人間ではなかつたのである。
 ~中略~
本心は犯罪に麻痺し落ちぶれきつてゐながら、泥棒もオイハギもやらない。単なる秩序道徳の平静のみすぼらしさ、虚しさ、つまらなさ。人間の幸福はそこにはない。人間の生活がそこにない。人間自体がないのである。」
青空文庫:坂口安吾 魔の退屈(昭和21年)

「それで人々は幸福であつたか。つまり我々は虚しく食つて生きてゐる平和な阿呆であつたが、人間ではなかつたのである。」
「人間の幸福はそこにはない。人間の生活がそこにない。人間自体がないのである。」
爽快感のある文章である…
[PR]
日本人伝統の価値相対主義は…リベラリズムの寛容とつながっているし

「公」の考え方は(危険な部分を取り除けば)、リベラリズムの帰結考量的な自由とつながっている
(ちなみ日本の伝統的な「公」と、いわゆる public は、まったく別もの)

この二本柱さえあれば(あとの啓蒙なんちゃらは、日本の場合どうでもいいでしょう)

つまり
戦後日本人はすでにしてリベラリストなのである(笑)
笑っていいのか 泣いていいのか
迷っている あ・な・た
笑っていいのである(笑)

「…大体が人間性というものは、馬鹿げていて、悲しいものですよ。しかし、もし人生が君に寛大ということを教えたならば、人生は泣くことよりもむしろ笑うことの方が多いのがわかるだろうと思いますよ」サマセット・モーム「この世の果て」

リベラルの定義 : すさまじきものにして見る人もなきブログ!

[PR]
「大半のオッサンにしてみれば日本なんて、毎日、満員電車に揺られていく家と会社のその短い間の風景でしかないんだから」
逆に言うと、ネットの掲示板なんかで、日本国家とか日本人(あるいは国歌とか国旗)とかに異常な自信を持って語るやつを見るとびっくりするんだよねぇ……( ^∀^)ゲラゲラ
「あんたなんで、そんなに自信があるんだい?」
「そんな暮らしのなにがそんなに嬉しいんだい?」って訊きたくなる。
ひょっとしたら、そういう品格路線の言説ってワシラのようなみすぼらしい人間のみすぼらしい日常を覆い隠すための麻酔みたいなもんになってるような気が…。
その対極にあると見なされているのが進歩的文化人や、いわゆるサヨの言説とか、自虐史観とかいわれるものも、それに入ると思うんだけど、これもまた、自信満々なところがまったく同じ。確かに他人や外界に対しては深い疑いを持つけど、そういう自分に対しては、まったくない。自信満々で権力者や政治家、過去の日本(人)、日本国家を糾弾するのみ。自分たちだけは、そうでない外部の絶対的な高みに立っているつもりでいるんだろうな…?…。なんで、そんなに自信満々なのかワケが分からん。
結局、ワシには、どっちにも違和感あるのよ…一種の宗教団体のよう…
[PR]
すさまじきものにして見る人もなきブログ! : 国旗・国歌・日本国家・日本人嫌い
日本人とか日本国家とか言ったって
大半のオッサンにしてみれば、毎日、満員電車に揺られて家庭と職場のあいだを行ったり来たりしてるだけなんだよねぇ(日本なんて、その短い間の風景でしかないんだから…)。
そして、誰が作ったか知らない騒がしい小さな箱を見て、「あーこれが「日本」(人)なんだ」とかノンキに思ったりしてるうちに、雀の涙ほどのサラリーからショバ代とられて、惨めに老いさらばえて死んでいくだけ……
あーそんな…日本人になりたくない( ^∀^)ゲラゲラ

すさまじきものにして見る人もなきブログ! : 大敗戦記念!「日本人であること!」


[PR]
livedoor ニュース - 【ミサイル発射】国連安保理決議案と3つのシナリオ

こういうことが起こるたびに
日本の国際社会とやらでの"孤立"を心配するひとがいる。
むかし、学校のセンコウが、まことしやかに
先の大戦の原因が国際連盟脱退……国際社会からの孤立が引き金だと、
さんざん教えたからか、
いまだに、そう信じ込んでいるひとが、
まことしやかに心配してみせる。

そんなのまるっきりウソッパチで
アメリカなんか提唱しただけで
最初から加盟していないし
ソ連だって1939年には除名されてるし…
なんだって日本だけが脱退して
国際社会から孤立していって、無謀な戦争に突き進んだ
なんていうんだろうねぇ
だったら、アメリカだって、ソ連だっておんなじじゃん

日本の国連脱退が、そのまま国際的孤立化→戦争という
単純な図式だけで、説明できるとはとうてい思えない。

まぁ世界に冠たるお仲間社会だから、
そんなことばかりが気になるのも国民性かもしれないが……

かつて橋本治は
「日本人は孤独に弱い」
といったが、名言だと思う。
《他人とずれるのを極端に嫌う。
自分の頭で考えれば、とうぜん自分の意見というものを持つ。
自分の意見なんだから、他人と違ってて当然だ。
つまり、自分の頭で考えると、他人とずれるし、世間からずれる
当然なんだ。
「自分の頭で考えると=孤独になるはイコール」である。
しかし、外の社会とずれる、他人とずれて、排除されるのが恐くて、
だんだん、自分の頭で考えることをしなくなる(三面記事的な例では、先のリンチ殺人事件やオウム事件…不良グループだろうが、会社だろうが…対立ではなく排除(仲間はずれ)でおうじるのが日本式))……》
橋本は、そんなふうに論じ
「もう一度、私の結論を繰り返せば、《日本が近代を迎えるにあたって必要だったのは、”自分の頭でものを考えられるようになること”だった》」
つまり、仲間から孤立することを、こわがってちゃいけないんだ。
そういうことだろう。

孤立を避けるためなら
ミサイル撃たれてもいいのか、沖縄が侵略され、広島&長崎に原爆落とされても思考停止……

孤立してでも、あなたは、自分の頭でものを考えるのか…考えられるのか?
そういうことにしとこう


橋本治「宗教なんかこわくない!」
[PR]