タグ:西部邁 ( 8 ) タグの人気記事

西部邁ゼミナール|TOKYO MX - アーカイブ「『知識人によって誤解されてきたdemocracy』」2017年5月6日放送

100年一日のごとき専門人批判(オルテガ)ですか
相変わらずですネェ
そのはなしをおうかがいしていると
おおむかしテレビで宮台さんが先生に言ってたことを思い出します
先生が、いつもの調子で大衆批判をはじめると
宮台さんが、いらだって
「それこそ知識人の思い上がりでしょう」
えーっ?どっちが オルテガ?

先生だけは、一側面を見てるだけの他の知識人(専門人)とは違う、
全体を見渡せる本当の「知識人」ということでしょうか?
「オルテガ」の剃刀ですネェ(笑)
全体を見渡せる そんな神のような特権
オルテガや先生みたいにエライひとにはあるんですか?
立ち位置が分かりません

残念なのは、その後、宮台さんも
「これが答えだ!」みたいに、なっちゃったことですかねぇ

[PR]
西部邁ゼミナール|TOKYO MX - アーカイブ「『知識人によって誤解されてきたdemocracy』」2017年5月6日放送
そもそもわれわれはなぜ民主主義というものを疑わないのか?
その答えは
はっきりしてます

戦争に負けて
政治で負けて
文化でも負けて
人間としても負けた
日本人は綿々と続いてきた伝統(歴史)のなかで
勝ち組に逆らっても損することを、
あたまやコトバではなく、からだ全体で知悉している
ひょっとするとDNAに書き込まれているのかもしれません(笑)
なので疑わないんじゃなくて、はじめから民主主義のミの字も信じてない
一滴も信じてない
民主主義万歳しながら からだ全体で拒否
日本人の場合、民主主義であろうが江戸幕藩体制であろうが天皇制であろうが
つねに勝ち組にやらされてるイデオロギーにしか過ぎないんです
むしろ「疑ってどうなるんですか?」って思ってるはずですよ
これこそ日本人の伝統

かんぱーい
           
なぜ、そんなことがわからないのか不思議です

「国家が国民を信じないから日本は弱い」(日下公人)
「特攻攻撃の情けないところは…
…日本軍隊の致命的な欠陥がある。それは何かというと、要するに、兵隊を信用していないということで、「もし爆弾を落として帰ってきていいということにしておいたら、みんな大した攻撃もしないで帰ってくるんじゃないか」という国民不信の思想だった。
 なんでそうなっちゃうかというと、その根本は民主主義国家じゃないからで、「戦争目的について国民の合意を得ていたい」と、戦争指導者自身がそう思っているんですよ。これは決定的に重要なことです。国家が国民を信じてないんだから、日本は根本的に弱いんです。上の人たちは、自分たちが勝手に戦争を始めたから、下が本当についてくるかどうか心配なんだ。アメリカとは、そこが違うんです。
…そうですとも。兵隊に降伏を許さなかったのも、弱さのあらわれですね。降伏病が伝染すると思っていたからです…」(348-50頁)日下公人

大東亜戦争、こうすれば勝てた (講談社プラスアルファ文庫)

小室 直樹,日下 公人/講談社

undefined




社会的影響力のあるひと : すさまじきものにして見る人もなきブログ!



[PR]


日本の核武装は
まず国内がダメ 仮に国内がよくても(そんなことは未来永劫ないかもしれないが)、さらに高く強固な壁…それが周辺諸国…米国、中国、韓国、北朝鮮他 がゆるさない わけても米国の情報戦(インテリジェンス)は巧妙で、日本なんか下手に情報化社会であるから、とても太刀打ちできまい…
このような事情からすると、少なくとも今の日本にとって核武装は空理空論であり、
サヨクのハンセンヘイワとたいした変わりはないとおもうんだけど…
でもこれじゃだめなんだろうなぁ
さて、どうしたらいいものか…??
それはまたあした…
[PR]

北朝鮮に核を落としてほしいような不謹慎な発言があるが…さすがに落とされれば日本の人たちも改心してくれるとでも思ってるようである…そんな甘い観測がなぜできる…
71年前に2回も落とされた国であることを忘れているんじゃないかなぁ
その結果 いまであることを 前提に考えた方がいい
[PR]
むかしサヨクからアシヌケした西部邁は、かつての仲間たちのことを次のように論評していた
『(彼らは)人間の生の全局面が戦線なのだということをわきまえていないし、どれか特定の戦線のみに拘泥し、そこに掘られた塹壕に潜り込んだままでいるのは人間の生の退嬰した形態なのだということを理解していない。』

そうそう
安倍首相は戦後レジュームからの脱却を目指しているらしいが、
ふつーのオッサンもまた、仕事の出先で、
今日の昼ご飯、醤油ラーメンにするか味噌ラーメンにするか…
はたまた、ここは節約してサンミーだけにするか…重大な決断を日々迫られながら、がんばっている
人間の生の全局面は戦線で 果てしない塹壕戦なのだ。
おおかたそれが生の退嬰した形態であろうことも、オッサンもまた少しは理解している
理解はしているが…
いまは、こうするしかない
「脱獄こそが最善の道だと言いたい者には言わせておけばよい。」(小泉義之)

塹壕から塹壕へ 掘り進むうちに
前も後ろも右も左も分からなくなって
前からも後ろからも、敵からも味方からも弾丸が飛んでくる…

人間の生の全局面が戦線で…ゲリラ戦なのだ…
ふんで今日はバタコンラーメンに決めた

われら塹壕共同体…

「全ては許されている」(ドスト)(笑)

[PR]


ルサンチマンに凝り固まってしまうひとと……
そういう弱い人たちのルサンチマンを煽って利用(商売)する人が……いるだけか?。

しょせん、(そんなエコノミーで養われた)「分離した実存」「でっちあげられたルサンチマン」で、
一番大事なのは、老後の年金がちゃんと貰えるかどうか?なんだけどさぁ( ^∀^)ゲラゲラ
まーそんなところ行ったり来たり…

もっとも、根底には、漠然とした不安みたいなものがあるのかもしれない(「不安過剰社会」とかなんとか)。
それはふつう、「他人」や「社会」に対するものだと思われているけど、
もっと根源的な「世界」に対する不安だと思う(ここでいう世界は、社会で言うような国際社会のようなものではない。もっと根源的な「私」のようなものだと考えて欲しい)
つまり、(何かに対するバッシングやアンチも)私に対する不安の代理・代補でしかない…のかも…(ま、そこまで考える人は少数派でしょうが( ^∀^)ゲラゲラ。フツーは、そんなこと考えるのはメンドクサイ、ていうか、その不安の原因がじぶんにあるなんて、そういうふうにかんがえたくないor思ってもみないひとたちは、手っ取り早く、いわゆる「社会」「世界」「政治」「権力(国家・おかね)」「……国人」「他人」「……」…外部のせいにしたりします(最近はインフルエンザだって、その代わりをするみたい))。バッシングやアンチで不安を解消したり、あらたな不安を煽ったり…何ごとも「面白き事なき世を面白く」ですか、たいがい飽きるまで続きます。

「時代とか 社会とか
 無理にでも敵に仕立てないと
 味方を探せない
 愉快に暮らせないよ」ランニングハイ(Mr.Children)


「悲しいのは 死ぬ事ではなく
 悲しいのは 人生でもなく
 悲しいのは 私だからです

 悲しいのは 私がいるために
 悲しいのは 私であるために
 悲しいのは 私自身だから」「悲しいのは」(吉田拓郎)

[PR]
中島義道が「世間」という時、
西部邁=オルテガの大衆なのだと思う。

考えてみると
ワシは、西部さんから、いろんなことを教わったはずだが、
結局、のこったのは自己懐疑と孤独(西部さんいうところの保守的懐疑)。

西部さんがなによりも批判した(というよりも生理的に嫌っていた)大衆とは
オルテガの言葉で言うと
「自分よりすぐれた審判をいっさい認めない閉鎖的な人間」
「大衆とは、善きにつけ悪しきにつけ、特別の理由から自分に価値を見いだすことなく、自分を”すべての人”と同じだと感じ、しかもそのことに苦痛を感じないで、自分が他人と同じであることに喜びを感じる」
「意見を作り上げる努力もしないで、意見をいう権利があると信じている大衆人」
……etc
要するに自己懐疑(孤独)を忘れた無責任な大衆人…
ちょっと今風オヤジにアレンジすれば、
「ジコチュー君を取り締まれ!」ということになるだろうか?

しかし、昨今の大衆の現状は、もすこ~し分裂的で、その大衆人こそが、ジコチュー(自分と同じではない他人)をさがし、取り締まっている……
いささか皮肉と言わざるをえない。
考えてみれば、
西部=ワシこそが、大衆人だったという当たり前のことに気づくだけ。

丸山真男は日本社会の構造的な無責任体制を指摘したが、
そのなかに登場する日本人は決して主体的な自己中心主義者(ジコチュー)ではない。
むしろ、表面的には利他(愛他)的集団(的功利)主義者であり…「シャカイ」主義者であった。
お国のため…オクニ(地域社会)のため…家族のため…(戦後はことに、会社のため…)
といわれて要求される愛他的行為は、
結局、どこにも責任主体が無く、…個人は、ずるずると全体的目標のためにむなしく埋没していった。

しかし、ワシは丸山と違って
そんな日本の状況が単に遅れた民主主義だったとは思っていない。
逆に西部=オルテガの文脈に捉えなおせば、
それは、”多数者による専制”で、
むしろ、民主主義のいきすぎた形態ではなかったのか?……少なくとも、そういう疑いを少しは持つべきでは???…と思う…。
西部邁さんたちにいわせれば、民主主義自体は全体主義でしかないのだ。
「哲学は自分を完全に無益なものと見せかけ、そうすることによって、平均人にたいするいっさいの服従から逃れている。……哲学は自分自身の存在を疑うことから始まり、自分自身と戦い、自分自身の存在を危うくさせる程度に応じて生命をもちうるにすぎないのであるから、じぶんのことを真剣に取り上げてくれなどと、どうして要求することがあるだろうか」
オルテガ…大衆の…
[PR]
「米国のやってることは、復讐裁判だ」とか
「一国の元首を、他国の軍隊が勝手な理由を付けて引っ立てて良いのか?裁判にかけていいのか?」
「あんなもんは米国の横暴だ!」とか……
ひどいのになると
「圧政なんか、どこの国でもやってる、なんでイラクなのか?」
………
どこかで聞いたことのあるハナシだ。
そう、これは……もしかして、復活した大日本帝国の由緒正しき軍国主義者か……と思いきや
なんとこれが、そうじゃない。
ほとんどが左派系のジャーナリストやヒョーロン家、センセ…そのシンパ、オッカケ……
だから呆れる。
世間のひとに「市民派」とか「平和主義者」とか呼ばれている。
お笑いである。
そもそも、そういう言説は敗戦後(いわゆる「東京裁判」史観に反対する)の右派の言い分だった。

さぞ東條英機も嬉しくて草場の陰で奥歯ガタガタさせてるいることだろう…。
だって、そういう論理を使うなら、当然、58年前の米国の日本に対する振る舞い、内政干渉どころか、封鎖(包囲)網、無差別爆撃、原爆、占領軍旗下の占領政策による、占領軍製平和憲法、東京裁判も、戦後民主主義も、戦後教育も、米国の横暴、見せしめ、すべて間違い……
天皇をいただき、もとの帝制に戻すべき!
東條英機以下戦犯達の名誉も併せて回復すべきだ!
民主制なんかクソくらえ!
ヤスクニ・エーレイ・天皇陛下万歳!
A-Bombリベンジだ!
少なくとも一旦は戦後民主主義、戦後憲法全否定とならないほうがウソだ。
ところが、どうも……そんな兆しは
(一部のキチガイ保守以外)…ちっとも起きそうにない。
なぜなんだろう……このネジレは……??

これは左派(反米)言説のネジレの2大ポイントと言っていい。
ひとつは、米国的な経済世界(ヘゲモニー)の上にどっかり乗っかっていることを
まったくもってスルーしていることと
そして、もうひとつがこれだ。

ほとんど、無節操といっていい言説だ。

どうして、こんなネジレが起きてしまうんだろうか?
どーして平和主義者は、軍国主義者の言い分を口にするまでになったのだろうか?

平和主義者の言説の歴史は古くない……つまり我が国の市民派系(左派)の言説の歴史……
社会的言説史からいえば、「平和主義者」は敗戦ののちに生れてきたものである。
これははっきりとした事実である(個人的な例外は省く)。
…言説の内容を…遡ると米国占領軍の占領政策(日本弱体化…… War Guilt information program などの様々な情報占領政策(洗脳プログラム))、情宣オペの言説に起源を持ってる……少なくとも無関係ではない…(いられない)…。

終戦直下、占領軍が徹底的な情報戦略を強いたのは知られている。
それは、新聞雑誌、手紙ハガキの私信から電波通信、教育(学問)含め、あらゆるメディアや教育機関を通じて行われた。
わけても、その作戦の尻馬に乗った日本人たち(教育者、学者、政治家、ジャーナリスト、芸能人、一般市民……)によって、戦後の言説が作られてきたことは大きい(戦後の芸能界などはあやしい人ばっかりだった(笑)……それにしてもあの当時の密告の多さ……。あるいは、世間のひとびとの風向き次第の「正義」についてこそ、恥ずかしがらずに日本人として、よく考えるべきなのだ…イラク問題だって、アッサリ「間違っていた」…180度転換(鬼畜から、自由と民主主義、正義の国アメリカ)なんて朝飯前…それがいいところでもあるけど(笑)……「正義」なんて、いつもそんなもんじゃん)。
すくなくとも、意識的(あるいは欺瞞的)に、占領軍の作戦の一翼を担っていたことは明らかだと思う。

とにかく、テレビがなかった終戦直下から、長らくラジオで戦前の日本を、虚実織り交ぜてさんざんにこきおろし断罪、密告、宣伝する番組が流行ったことはよく知られている(ボク自身聴いたことがある)。
要するに「日本人に戦争の罪の意識を植え付けるプログラム」と名付けられたこの情報戦略は、日本断罪、日本の弱体化こそが、その目的だった(憲法もそのいっかんであったことはいうまでもない)。
日本弱体化=戦後民主主義(平和=占領政策の成功)=アメリカ化という図式のもとにオペレーションされていた。

不思議なことに、占領軍が去ったあとも、日本(政府)のやることは、なんでも反対!の反体制的なムードが、マスコミや教育機関に強く残った。
(このことは柄谷も指摘するように、もともと日本という国家が「お上」「お達し」「御注進(チクリ)」というカタチで、そういう検閲構造が広く強く社会に存在していたからだろう……だからこそ占領軍の情報戦略がうまく行きすぎたといえる……いまでも、そういう自己検閲、自主規制みたいなものが強い社会=世間主義なのはそのせいだろう……まぁ人の出方ばっかり窺っている大衆化したスパイ(公儀隠密)国家なのだ(笑)(みんな反権威主義ぶってみせるけど、ほんとは強い権威主義者ばっか。反権力ぶってるのは、ただのその裏返し。なにより世界一ブランド好き~つうかオレがそうだから(笑))。
いまでも、彼らが結局、米国を範として、(アメリカに倣え!真正な自由、平等、平和、民主主義! 二大政党だ!、国際的金融システムだ!)検閲のような、ほとんど同じ事をやってるのは周知の事実である。
弱者の依存的傾向だった。
しかし、途中、安保闘争で、そういう流れが「反米」という、お坊ちゃん達の(未熟な思春期的依存性攻撃的な)いびつな反抗期によって、青臭いネジレが起きて、……この思想は、そのまま、現在に至っている。
ここで注意しなければいけないのは、この反米思想が、直接、米軍基地には向かわずに、日本国政府に向かったことだ。つまり、ホントは、これは反米思想ですらないのだ。

彼らが言ってることを総括すれば、結局、米国の断罪でも、イラクの復興でもなく(ほとんど平和ですらなく)、無節操な「ヘイワ」という名の日本弱体化だということがわかる。
ようするに、反米そのものは当て馬に過ぎず
中身は、あくまで自動化された日本弱体化(ドレイ政策)というプログラムだけ……
ここまでくると、「占領トラウマ」といっていい。

例えば、そのおなじひとが、違う方面になると、とたんに真顔で二大政党政治とか直接民主主義の待望論…あるときはそれが「普通の国」だったり、「グローバルスタンダード」だったりするだけ…唱えたりする、それを見れば、なんのかんの言っても、彼らの規範がアメリカ的なものにあることはあきらかだろう(笑)……

「なにゆえに、弱体化させたいのか」と訊く
「平和でありたいから」
「武力を使った平和だめなのか?」
「すべてダメ」
「だとしたら警察(公権力)を使った内部の平和(秩序)維持もいけないのではないか?」
「それはいい」
「ではやっぱり、あなたは武力を使った人間社会の平和維持をある程度認めるのですねぇ~」
「ダメ」
要するに、リクツじゃないのだ。
「ほとんどビョーキ」なのだ。

残念ながら、イラクとは違って、その占領に、ひとりの抵抗者も出さず、唯々諾々と受け入れた国民が、占領がいくら骨身にしみたとはいえ、そういう負け犬・ドレイ根性(「オマエが悪い、[だから]オレはいい」「オレは弱い、[だから]オレはいい」)を、他国に便乗して、みんなうわべの一面のキレイごと(平和・国際・大義……)で強弁しても……「それならなんで、あのとき、抵抗しなかったのか?」……誰もまともに聞く耳なんか持つまい。
面と向かって言わなくても
負け犬の遠吠え……卑怯な敗者……鼻つまみ者……腹の中でそう思われるのが落ちだろう……

フセインだって、ブッシュだって、ハァーオレだって、みんな豊かになって良いし、
誰も、それを他人にとやかくいう言われる筋合いはない。
あるのは強いか弱いか……損か得か……それだけのこと。
社会なんて、ホントは、それだけで成り立っている。

ホントはそれだけなのに……
ありもしない(平和&戦いの)理想、理念、思想、道徳、正義、大義を捏造、吹聴して、
単に人を殺してるだけ(あるいは憎しみを増やしているだけ)
「名前と、それを守らせようとする暴力だけがある」小泉義之
それこそが、もっと根っこにある「人間」のニヒリズム~
(「何も欲しないよりは、むしろ空無を欲す」ニーチェ
つまり、むしろ真理よりも「ありもしない理想、理念、思想、道徳、正義、大義」などの光の眩暈を選ぶ=ニヒリズム(*1)。

理想や理念なんか食えるかいなぁ~(笑)
無理することはないんだ……なにも……

戦後、ドレイ国日本がこんなに豊かになったのも、大半の人が、そんな米:占領製の理想や理念(ニヒリズム)なんか、これっぽっちもホントは信じちゃいなかったからだと思う。
……損か得か……強いか弱いか……それだけで懸命に頑張ってきた……賢慮だと思う……
ドレイ!バンザーイ!

Note……………………
江藤淳「閉ざされた言語空間」文藝春秋
柄谷行人「検閲と近代・日本・文学」……「差異としての場所」講談社学術文庫所収
西部邁「戦争論」日本文芸社
永井均諸著作他
八切止夫諸著作
石牟礼道子諸著作

(*1)ニヒリズムについて
ちなみにニヒリズムというと虚無主義とか、いわれて無根拠だから anything goes だ!無秩序主義だと言われたりするしてるけど。それはニーチェの「神が死んだ」という言葉を、表面だけで理解している人の典型。ニーチェが問題にしているニヒリズムとは、永井均さんがいうように、それが無根拠(神が死んだ)だと知ってて価値を捏造することだと思う。
だからいまだに「真の正義(大義)」みたいな、わけの分からない「真正」論争にあけくれしているわけだ。ニーチェのメッセージは、「本当は……だ」の話型で語られる、そんなもんがないということを、しっかり受け止めて生きていくことだというのに。もちろん、そんなくだらない人ばかりではない。そんなもんがなくても連帯していくことは可能なのだ。

War Guilt information program について

本書の関連書籍アマゾン

学者は、このことについてはおよび腰だ。戦前は、軍国教育、戦後はこの線でずっとやってきたからだろう。
[PR]