冷え込んできたね

年末、
心胆寒からしめる事件が相次いでいるが…

「ムカシは良かったなぁ~」
巷間、そんなコトバがよく聞かれる。
このところ、昭和三十年代を舞台にした映画やなんか多かったり…。
身近でも、なつかしむハナシはよく聞く。
もちろん、なんでも、いいことばっかりではなかったと思うし……
まして、いまが、そんなに悪い時代だとも思わないが……



数年前、ボクのイナカのひとからメールを貰った。
「ウチの近くに、ホームレスが現れた」というメールだった。
都会のひとだったら、
「なあんだ、そんなこと」と思うだろうが
イナカでは、(おそらく終戦のどさくさ以来の)珍事であった。
メールには、
「どう考えても三十年代よりは、はるかに豊かになっているのに…
 こんな豊かな時代になって、現れるなんて…なあんかヘン……」
と綴られていた。
思わず
豊かな時代か……
と思ってしまった。



諸行無常……
滅せぬもののあるべきか
人間も時代も
なにもかも変わってしまった…??。
象徴的なのは犬。
キレイにトリマーの行き届いた、とりすましたような洋犬ばかり。
ペット屋に行けば、何十万とする。
馬鹿げてる。
もちろん、クルマやブランド品とおんなじ、見せびらかしを兼ねている。
たしかに気品があって、キレイなのだが、
(貧乏人の偏見だろうが)
どいつも、こいつも、なんだか冷たい感じがする(笑)。

思い出す……
寒い土間(炊事場)のウラで
柄がダメになったアルマイトの鍋をカランカラン音をさせて、
ものすごい勢いで汁かけメシを平らげてたウチの駄犬。
顔はスピッツ、体色、体つきはシバみたいな……
なんともへんてこな……どういう血統なのか分からないような犬。
貧乏な我が家が残飯が出ない分かると、クーン…と淋しそうな顔して、
裏口から出て行き……
近所の犬のエサを、命懸けで失敬しに行った
飼い主思いの駄犬……

寒い夜は…
こいつが、なんだかあったかなヤツだった……なぁ~


クルマにツララが下がっていた……
[PR]
by qsso | 2005-12-05 19:25 | つれづれ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード