少子化を促進せよ!

少子化が止まらない……
マスコミは、年金問題にも波及する問題だと報じている。
以前(産経新聞「正論」(平成15年 8月29日(金))、八木秀次さんが、公的年金の「賦課方式」が問題だと指摘していた。
「子育てをする世帯と子育てをしない世帯との格差、「世帯間の不公正がある」」
というわけだ。
どういうことか?
つまり、「賦課方式の下では保険料さえ払い続けていれば、子どもを育てるコストを負担しなくても年金を受給でき、自分では子育ての負担をせずに他人が生み育てた子どもが支払う保険料で年休給付を受ける「ただ乗り」の存在を許してしまう。」
そういうことだ。
八木さんはドイツ、フランスを見習い「子育て世帯が損しない社会制度を築く必要がある」という……
うん。
たしかに一理ある。
だが、賦課方式の思想(世代間扶養の思想)を徹底するなら、憲法で、「子どもは年老いた親のメンドウを絶対・完全に看る義務がある」とはっきりと規定すればいいだけのハナシ(守らないヤツは極刑でのぞめ!)。
そしたら年金問題なんて、ほとんどなくなると思うんだけど~
いいかげん…親方日の丸(世間という名の日本的「シャカイシュギ」)の発想は、よそうよ!

八木さんも指摘しているように国の少子化対策は、まったくもって中途半端なフェミニズム思想で、故意としか思えないほど原因を見誤ってるし、確かに、バブルなどの価値観の変化(ジコチュウ、拝金など)の影響もあるかもしれない。

しかし、なにほどに、そんなに子どもを増やしたいのか?
オレには、いわゆる世間一般のそんな願望が分からない。
年金制度のために、増やしたいのか?
財政再建のためか? はたまたオクニのためか?
別に止めはしないけど、結局、国家にとって国民は物件や手段でしかないということでしょう?
そういう思想を肯定するわけ?
だいたい、金を使いすぎたんなら、使えなくなって、その責任をとるのは当然だし、
制度を破綻させたんなら、その責任を取るしかない。
当たり前のことだ。
だからって、責任を取りたくないから子どもを増やすなんていう発想に行くってのはおかしいでしょう、フツー?。
ジョーシキない!
第一、それじゃぁ少子化を生みだしていると指摘している原因と、発想(つまり自分が損か得か)が同じじゃん。

とはいっても、オレなんか、だいたい、そうやって人口が減ることは良いことじゃないか
って思ってる。
この核兵器&ハイテク兵器の時代に
「汚穢の盾」として使うために、富国強兵でもなかろうに…………
生みたくない&子どもが嫌いなヤロウどもの子どもまで養う必要はぜんぜんない。
だいたい、一億数千万という人口を維持しなければならない理由なんてあるんだろうか?
少子化、ぜんぜんけっこうじゃん。
これは優生思想的にも良いこと何じゃないか
とオレはそう思う(笑)

こう考えてくると
核武装と少子化(優生思想)は避けられないなぁハハハ(笑)
[PR]
by qsso | 2004-06-11 18:41 | つれづれ | Comments(3)
Commented by qsso at 2004-06-12 08:36
おっと今朝の産経抄(平成16年 6月12日(土)石井英夫)も
おんなじ意見じゃネエか(笑)

「産みたがらぬ人に産んでもらっても、親としての責任や自覚を期待できそうにもない。満つれば欠くるは世の習い……放っておくしかないというのが小欄の率直で無責任な意見だ」
Commented by ひな at 2004-06-15 09:00 x
おはようございますぅ。そうですよね、産みたくもない人が産んで、これ以上の虐待が出てくると怖いですぅ。ひなは子供が欲しいと思ってますが、産まない人や不妊の人に圧力がかかるのはあれだし。

あと。
>制度を破綻させたんなら、その責任を取るしかない。
そうですよねぇ。段々、子や孫が増えて制度が支えられるなんてねずみ講みたいですぅ。
それに、ひなの記憶だと「消費税を始めるのは福祉のためです」「5%にするのは福祉の充実の……」って言ったまま、ちっとーも変化ないのはひなの気のせいでしょうかぁ?

えらい人はインドみたいにパンクするほど子供が増えて欲しいんですかね?
Commented by qsso at 2004-06-15 18:25
若い頃、アタマがパンクしてました!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード