カテゴリ:酒( 10 )

a0009919_1917795.jpgワシのイナカの酒蔵(玉水酒造さん)が蔵開きとやらで
ぺんぎん夢楽さんがゲットして送ってくれた

絞りたての原酒。


このあいだの原酒とは
まったく性格のちがう
ちょっと濁ってます
こくがあってほんのりコメ甘い。
ガキの頃を思い出す味……
南泉

ロケット種子島
こいつ、まじで旨いで~
まだあるかなぁ~

さいきん
麦はもっぱら、エスエージエーのこれ↓

黒がうまい

麦とはおもえん…ふかーいあじわい

さあ今夜も呑むか……
a0009919_1933089.jpg

さあて、ひとっ風呂入ろう~


朝晩、涼しくなってくると
キリン・ザ・ゴールド
ビールは冷える
焼酎がおいしくなってきたなぁ。

やっぱ白波だなぁ~

それにしても
古い久米仙はうまいなぁ……
久しぶりにあけた…
もったいなくて
一口だけ呑んだ
うまい……
アメージング!
ジーザス!

今日は、アカセンでもアテにしようっと……
「学問・科学の問題に、わたしは興味はおぼえるが、ほんとうに心をひかれるということはない。わたしが心をひかれるのは、概念と感性の問題だけである。学問・科学の問題の解決は、結局わたしにとっては、どうでもよいことなのだ。概念と感性の問題の解決は、違う。」W

やっぱ↓ここだろ
酒のキンコー
安いし、親切だし、品数豊富だし……
送料無料の日が狙い目!
ワシ、ここで数々の芋焼酎を試飲中……
「海童」「伊佐錦」……などの定番はもとより地元の酒が呑めるのがうれしい
もちろん、個人的には、黒瀬の杜氏「白波」は、外せないけどねぇ

例年なら、この時期、
エノテカでワインを買い込んで
ワイン飲んでるんだけど……
今年はなんだかすすまんワイン…厭きたかな…
キリンザゴールドの泡を呑んだら
芋焼酎やなぁ
やっぱ芋はいい……

今夜も
アコギ片手に
焼酎飲んで、
ブルースでも唄うか……
「柳ヶ瀬ブルース」……




エノテカさん

自家製の
チキンローストをつまみに

いただきものの
Bolini Trentino Chardonnay (2004)(白伊)

CH.mayne vallet(2000)(赤仏)
を飲んで…

さいごは
蔵の神(芋焼酎)と
財宝(芋焼酎)を……
うまかった~

今夜も
古いメロディー唄いましょう~
復調してきて…
昨晩は
ひさしぶりに
ワイン
イエローテールの
メルローからカベルネ・ソービニヨン
一杯ずつ呑んで…(安いわりには良いワインです)

それから
焼酎ヌーボー百秀とやら
何杯かいただきました。
荒々しさというよりも
まろやかさがくちのなかで
変化する
そんな印象です。

といっても
病気明けですから
あてにはなりません!

イエローテイル

百秀 焼酎ヌーヴォー 本格芋焼酎 25度
芋焼酎の新酒、全国発売へ ボジョレ・ヌーボーに対抗 | Excite エキサイト : ニュース

いまでこそ、大の芋焼酎党だが、
ムカシは大嫌いだった。
いぜん会社に芋焼酎呑みの先輩がいて
そのひとの吐く息だけは福山雅治じゃなくて…
気絶しそうなくらい臭くて、たまらなくて…
だいたい、こんなクサイものを呑んで平然としている神経が信じられなかった。
ところが、それを呑む彼は、
典型的なカゴマ-鹿児島の大男で、
豪放磊落、竹を割ったような性格。
趣味が同じ野球。
性格が好きで、すぐに、大酒呑み仲間になって、
夜ごと、飲み歩いた。

最初は、
「くさい」「くさい」
と彼に文句ばかり言っていたが、
桜島大根みたいにふところの深い彼は、
臆することもなく呑み続け、
逆に
「そんなにクサイなら、いっしょに呑もう」
とえびす顔で、差し出すグラス。
「こんなに旨いものをなぜ呑まん」というような自信満々のだいこく顔!
そういわれているうちに、なんだか
「そうか、じぶんも呑んでしまえば、くさいもなにもわからんなぁ」
(笑)
それからは
おそるべき芋焼酎の魔力!
にまんまとはまってしまった。

芋焼酎も好きだが
泡盛はもっと好きだ。
しかし、相当のレアものを除いて
泡盛の味は、
ここ10年ぐらいでかなり落ちたように感じる。
昨夜も、泡盛(久米仙)を呑んだが
むかしの味とは……思うのはオレだけか…

とはいえ、いまでも他の酒より好きなことには変わりはない。
久米仙オンライン
a0009919_18225277.jpg

豚肩ロースかたまりが異常に恐かった。

帰宅すると、
ちょうどそのとき、
オレの元に
コイズミ首相から
酒が届いた。
選挙速報でもみながら
まぁこれで一杯やってくれというわけなんだろう
おまえも自民党のために
よくやってくれた~……

というのは真っ赤なウソで~

オレが育った
山川のペンギン夢楽さんから、届いた酒
福岡は玉水の原酒。
a0009919_1985349.jpg

ケーッ
こりゃぁウメー

ガキの頃、この酒を、
大酒飲みの祖父に、
よく買いにやらされた。

戦争帰りで、頑固、
家族みんなに嫌われていた祖父。

「おい 酒ば買(こ)うちけ」(酒を買ってきてくれ)

なぜか、酒が切れると、
かならず(当時まだ小さかった)オレを呼びつけて
家の裏の醸造所に、よく買いにやらされた。
その酒がこれ~
空(カラ)の一升瓶と漏斗を持っていく。
裏木戸をくぐって、
「ごめんください
 酒ば、一升下さい」
「お使いか?えらかなぁ~」
気の良いオッチャンが出てきて、
いつもなみなみにこぼれるほど入れてくれる。
最初、持って帰るとき、こぼさないようにと、我慢して、少し呑んだのがいけなかった。
いつも腹が減っていたオレは、
だんだんくせになって、そいつを帰り道々ラッパ飲みにして帰ってくるようになった。
しまいには半分ぐらいに減っていたが、
なぜか、祖父は、黙って受け取ってくれた。

この酒をこよなく愛した
祖父は、もうこの世にはいないけど
酒は、ここにある。

まぁそんなこんなで、
いまでは、オレもりっぱな大酒飲みに……
今夜も一杯いっとくか~



ペンギン夢楽さん

玉水酒造合資会社さん
コトヨロ~
っていうはずだったけど、
雪のために、昨日は、
車のなかで3時間も缶詰に、
とんでもない目に……。
それで、オオミソカをもう一日することになった。

ずれ込んだ(差延)オオミソカ’(笑)

今夜は
「筋肉」を見ながら
ヒデヨシも愛した
「天野酒…なま蔵」(期間限定)

この酒を飲みながら
大トロ。

シメは、
年越しそば(出石)
冬なのにおろしそばです……デヘ

明日は女人高野・金剛寺にでも詣でるか

「ずれこんだオオミソカ’」は、
還元不可能な事態??
ってホント????